アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「名作」のブログ記事

みんなの「名作」ブログ

タイトル 日 時
映画 細雪(1983)
映画 細雪(1983) 映画 細雪 1983年公開の市川崑監督。舞台は太平洋戦争前の大阪。落ちぶれ始めた名家の4姉妹を描く。主演 岸 惠子、佐久間 良子、吉永 小百合、古手川 祐子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/07 09:58
映画 アンナ・カレーニナ
トルストイ原作のアンナ・カレーニナを映画化。 原作を読んでいないので、比較のしようがないですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/10 19:04
映画 レ・ミゼラブル
映画 レ・ミゼラブル 映画「レ・ミゼラブル」 ミュージカルの映画化ということで、基本的なストーリーは抑えているし(舞台を数回見た)、もちろん原作も読んでいるので、細かいところや映画ならではのところを見るか・・・という感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/29 13:34
ヴェニスに死す
ヴェニスに死す トーマス・マン原作を映画化した「ヴェニスに死す」 音楽家のアッシェンバッハは静養のため、ヴェニスに旅行にしてきた。気候に悩まされるアッシェンバッハだったが、ホテルの客である家族連れを見つける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/11 20:39
ヘミングウェイ 武器よさらば
ヘミングウェイ 武器よさらば ヘミングウェイの「武器よさらば」。舞台は第一次世界大戦中のイタリア。アメリカ人のヘンリーがイタリア軍に従事して少尉扱いで運搬の業務についていた。野戦病院で、イギリス人の娘・キャサリンと出会い、恋人となる。 ヘンリーは足を負傷し入院。入院した病院に看護婦としてキャサリンがやってきて、関係は深まる。 傷が癒えたヘンリーは再び戦地へ。しかし、イタリア軍の情勢がおかしくなっている中、ヘンリーは軍を脱走する。ヘンリーはキャサリンと共にイタリアを脱出しスイスへ向かう。 ヘンリーの子供を宿していたキャサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/10 10:09
赤い靴
赤い靴 1948年制作の映画「赤い靴」がデジタルリマスタリングで綺麗に復活。 48年制作とは思えないほどの綺麗さ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 18:10
ちくま日本文学014 谷崎潤一郎
ちくま日本文学014 谷崎潤一郎 谷崎潤一郎の短編集で、以下が入っている。 刺青 秘密 母を恋うる記 友田と松永の話 吉野葛 春琴抄 文章読本抄 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/10 18:49
劔岳 点の記 (本)
劔岳 点の記 (本) 劔岳 点の記 新田次郎 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/09 10:14
五番町夕霧楼
水上勉の「五番町夕霧楼」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/04 17:37
金閣寺
金閣寺 三島由紀夫の「金閣寺」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/29 22:23
炎上(1959)
炎上(1959) 市川雷蔵主演、三島由紀夫原作の「炎上」 1959年公開 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 11:49
カインの末裔・クララの出家
カインの末裔・クララの出家 有島武郎の短編2編。カインの末裔とクララの出家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/19 22:48
エデンの東
エデンの東 ジェームズ・ディーン主演のいわゆる名画「エデンの東」 1955年公開かな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/01 23:02
パンドラの匣
パンドラの匣 太宰治作の中篇。表題作の「パンドラの匣」と「正義と微笑」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 17:21
噂の二人
噂の二人 1961年公開の映画「噂の二人」 オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンのダブル主役。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/21 12:11
ちくま日本文学全集 織田作之助
ちくま日本文学全集 織田作之助 太平洋戦争直後くらいまでが活動期間の作家・織田作之助の短編集。 収められているのは「馬地獄」「夫婦善哉」「勧善懲悪」「木の都」「蛍」「ニコ狆先生」「猿飛佐助」「アド・バルーン」「競馬」「世相」「可能性の文学」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 10:51
雪国
雪国 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった・・・ではじまる川端康成の名作・雪国。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 20:22
斜陽
斜陽 太宰治の中篇。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/14 19:56
砂の上の植物群
S38年に発表された吉行淳之介の作品。 中年サラリーマンが、偶然ハイティーンの女と出会う。それをきっかけにその姉と性的交渉を持つようになる。 なんて書くと、今で言うところの渡辺淳一みたいだね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 11:03
個人教授
1968年のフランス映画。このタイトルからだと、最近のイメージとしてはエッチな感じだが、そういうことはなくて(1シーンだけあるが)、年上の女性にあこがれて、結局身を引く・・・というストーリー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 20:31
アンナと王様
ジョディ・フォスターがシャム王国の王子や王女たちの家庭教師となり、シャム王(チョウ・ユンファ)との言葉にしないラブストーリー・・・と言う感じ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 20:29
銀座の恋の物語
歌はあまりにも有名。ですが、僕らの年代だとストーリーはさっぱり知らず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 21:55
ロミオとジュリエット(1968)
1968年公開のロミオとジュリエット。 話はまぁ、いいですね(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 21:08
パリの恋人
オードリー・ヘップバーンとフレッド・アステアの共演作。 フレッド・アステアということで、ミュージカル仕立て? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 18:03
第三の男
名作シリーズ。実は本のほうを先に読んでいて、機会があったらDVDを見ようと思っていたもの。 本では、主人公のホリー・マーティンスは名前がちょっと違ってしかもイギリス人。映画ではアメリカ人。 このアメリカ人という設定が良かったというか、妙な正義感を振り回しているので、ステレオタイプなアメリカ人としてはイメージぴったり(^^; だからこそ、本では主人公は最後にアンナと結びつくようなラストになるが、映画では一瞥もされない・・・という。 アメリカ人がどう・・・ということは置いといて、映画の主人公... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 20:05
放浪記
舞台の方ではなくて、映画の方。 S37年(1962)公開の高峰秀子主演。話自体は原作・林扶美子の自叙伝的なもので、時代は昭和5年くらい? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/27 22:43
日本三文オペラ、一の酉、反逆の呂律
マイブームとは言わないが・・・(笑) 先日、白井晃演出三文オペラをみたり、三月にはベガーズオペラを見に行く予定なので・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/27 10:20
カサブランカ
石原裕次郎主演「夜霧よ今夜もありがとう」のモチーフというか元にもなっているカサブランカ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/14 16:10

トップへ | みんなの「名作」ブログ

Show the ショウ 名作のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる