テーマ:ファンタジー

映画 47Ronin

映画47Ronin 忠臣蔵をモチーフに47人の浪人と、ハーフブリード(鬼っ子)と蔑まれたカイが、赤穂の国を陰謀で乗っ取った吉良上野介に復讐を果たすという話。 忠臣蔵をモチーフにしているとは言っても、吉良が完全な悪役であり、同情の余地なし。で、妖術使いを雇っていて赤穂を我が物にしょうとする。ついでに、浅野の姫も自分のものにしよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 オンリーラヴァーズレフトアライブ

「オンリーラヴァーズレフトアライブ」 現代の吸血鬼のカップル、アダムとイブのお話。 アダムはデトロイトに住んでいて、正体を明かさずに、伝説のロックアーティストとして活動していた。 イブはモロッコに住んでいたが、しばらくぶりにアダムに会いにデトロイトへ。 そんなところへ、イブの妹であるエヴァが訪れたが、アダムとイブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 シンドバッド7回目の冒険

シンドバッド7回目の冒険。ある島で魔法使いソクラを助けたシンドバット 魔法使いは魔法のランプを持っていたが、ランプを島で落としてしまい、一つ目の怪獣サイクロプスに拾われてしまう 魔法使いはシンドバットにランプを拾うように頼むが、危険な島だったので、シンドバッドは部下の事を考えて、魔法使いの頼みは聞かなかった。 彼らは国に帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 オズ はじまりの戦い

オズの魔法使いの「前日」譚である「オズ はじまりの戦い」 奇術師のオスカーが竜巻に巻き込まれて、着いた場所は「オズ」という場所 そこでは、オズという魔法使いが現れて国を救うという予言がなされていた。 最初にあったのは西の魔女セオドラ。セオドラから国の話を聞き、その気になるオスカー。 「悪い魔女」グリンダをやっつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンウィニー

ティム・バートン監督のフランケンウィニー。 絵柄はバートン監督独特のものであるが、過去の「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」や「コープス・ブライド」に比べると、話の感じは暗くないかな? ヴィクターは飼い犬のスパーキーを事故で亡くしてしまう。 ある日、科学の授業で得た知識を元にスパーキーを生き返らせることに成功する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ホビット 思いがけない冒険

トルーキンの「ホビットの冒険」の映画化というよりは、「ロード・オブ・ザ・リング」の前の話という方がピンと来るのかしら? 原作(邦訳の少年・少女向け)は上下巻構成で、指輪物語より圧倒的に短いのだけど、映画は3部作。 長くね?(^^; 第1部「思いがけない冒険」はほぼ3時間。内容としては、ゴブリンに捕まっていたドワーフ達がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン PART2

ブレイキング・ドーンのPART2。 PART1が3月だったし、PART2なので冒頭にPART1の復習があるのかと思いきや、全く無く本編に突入。 ま、無くても大丈夫だったけど。 レネズミを産んだベラは、ヴァンパイアとして生まれ変わった。 エドワードとともに、ヴァンパイアとして生きる道を習っていく。 レネズミは人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベオウルフ 呪われし勇者

2007年上映の「ベオウルフ 呪われし勇者」 英雄譚である「ベオウルフ」を映画化したもの。サトクリフが小説化したベオウルフは読んだことがあって、それはこっち http://98500699.at.webry.info/200801/article_2.html 基本的なストーリーは一緒だが、怪物グレンデルの父親は、前の王フロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 リンカーン 秘密の書

映画「リンカーン 秘密の書」。アメリカで一番有名な大統領リンカーンには秘密があった。それはヴァンパイア・ハンターであったこと。 昼は大統領、夜はヴァンパイア・ハンターとキャッチもあったが、いかにも両立していたように聞こえるが、話の大半は大統領になる前の話。 子供の頃に、黒人の友人を助けたきっかけで、母親を吸血鬼に殺され、父親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編ということで。 魔法少女が魔女になるということが明かされ、その時に放出される精神エネルギーが、きゅうべえの住む銀河のエネルギー源として使われるという。 別の言い方をすると、怨みや妬みのエネルギーを転用しているわけで。その結果、魔女になった少女は死ぬ(というか、魔法少女になった時点で、魂はソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ。テレビで放送したものを前編と後編に分けて映画化した・・・らしい。 中学生のまどかの頭の中に誰かから「助けて」という声が聞こえた。声を頼りに商業ビルの閉鎖されている所に入ると、不思議な動物がいた。 動物を助けると、そこにはまどかの中学校に転校してきたばかりのほむらがいた・・・ 助けた直後、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 GOTHICMADE 花の詩女

映画 GOTHICMADE 花の詩女 。 植民惑星「カーマイン・プラネット」で、詩女(うため)を継ぐことになったベリンは、最初の詩女の仕事は「都」に向かう事であった。 詩女はカーマインの代々の詩女の記憶を受け継いでいるとされ、人々の悩みを聞き、助言を与える使命があった。都に向かうのも、単に向かうのではなく、途中途中で民の声を聞き詩女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲド戦記5 アースシーの風

ゲド戦記4の「帰還」から10年ほどして出版された「アースシーの風」 ゲドの元へ、直しの術を持っているハンノキが現れた。日頃、死んだ妻が夢に現れ、死と生の境目から呼んでくるという。そして、妻だけではなく他の死んだものも呼んでくるため、ハンノキは眠れないという。 魔法を失っていたゲドは、ハンノキをハブナーに向かうようにさせる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル=グウィン ゲド戦記3 さいはての島へ

ル=グウィン ゲド戦記の3巻目「さいはての島へ」 アースシーと中心に、魔法が徐々に力を失ってきていた。魔法使いが古(いにしえ)の言葉を忘れ、呪文も忘れてきていた。 若き王子アレンは、そんな知らせをロークの島へもたらす。 大賢人であったゲドは、ロークの島のそれぞれの長から話を聞くが、ゲドは知らせをもたらしたアレンだけを連れて、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 スノーホワイト

映画「スノーホワイト」。 ある王が治める国に謎の軍隊が襲ってきた。その軍隊は撃退。その軍に捕まっていた美しい女性を発見した王は、直ちにその女性と結婚することを決めた。 しかし、その女性こそが魔物を操る女性で、彼女の手によって王は殺され、王女は幽閉された。 何年かした後、女は魔法の鏡に聞く「この世で一番美しいのは?」。美しさを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ジョン・カーター

「30seconds to mars」っていう私がそこそこ好きなバンドがありますが、昨日見た映画は「ジョン・カーター」。ひょんなことで火星に飛ばされるカーターが、火星でヒーローになるという話。 カーターは南北戦争に嫌気がさし、宝探しをしていた。宝探しの途中で北軍に捕まりアパッチにも追われるが、偶然伝説の蜘蛛の絵が書かれた黄金の洞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲド戦記 帰還 最後の書

アーシュラ・K・ル・グィンのゲド戦記 最後の書。 ゲド戦記自体はこの後も出版されるのだが、ゲドの話としては、最後なのかも? 壊れた腕輪で出てきたテナーが主役。とは言うものの、そこからは結構な年が経っているわけだが。 テナーは普通の女性になろうとして、結婚して子供も産み、すでに独立していた。夫は亡くなっていた。 そして、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンシー・スプリンガー 炎の天使

ナンシー・スプリンガーの現代ファンタジー「炎の天使」 天使であるヴォロスは父である神から愛されていないと感じ、人間になれば愛してくださると思い人間になって地上へ降りてきた。しかし、彼の背中には天使の羽がついたままだった・・・ 天使の街ロスアンゼルスに降りたヴォロス。彼を見つけた元警察官のテキサス。彼もまた「愛を失っていてた」一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーンPART1

シリーズ物でずっと見ているトワイライト・サーガ の続編。 ブレイキング・ドーンPART1。 エドワードとベラの結婚式の直前からスタート。 マリッジブルーな感じと(まぁ、相手が人間じゃないわけだから)。 結婚式からハネムーンの途中までは、もう甘々な展開。いろんな展開があった今までのシリーズでは、割りと正反対的な感じで。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エラントリス 鎖された都の物語

ブランドン・サンダースンのファンタジー「 エラントリス 鎖された都の物語」 エラントリスと言う魔法に護られた輝く都市があった。しかし、ある事変をきっかけに輝きは失われ、逆に汚泥にまみれる街と化す。 エラントリスの血を引く人々も、汚泥にまみれることとなる。エラントリスの隣の都市に住んでいる王子ラオデンは普通の暮らしをしていたが、エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル=グウィン ゲド戦記2 こわれた腕輪

ル=グウィン のゲド戦記2こわれた腕輪 名無き者に使えるところのアチュアンの墓所。そこの巫女であるアルハ。アルハが巫女になるまでと巫女になってから。墓所には迷宮があり、それを「探検」する彼女。ある日、侵入者がいた。しかも、迷宮に立ち入ってはならない男であった。アルハはその男が他の島から来た魔術師だと確信した。 彼女は禁じられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル=グウィン ゲド戦記1 影との戦い

アーシュラ・K・ル=グウィンのゲド戦記1 影との戦い。 1ということで、ゲドが魔法に目覚め、魔法の学院に進む。自分の不注意で「影」を放ち、それと向き合うまでの話。 ゲド戦記はシリーズ物になっているけれども、解説を読むとストーリーの時間軸としては結構離れている感じで、実際「1」も話しとしては完結している。 1ではゲドが主役で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニス・リー 復活のヴェヌス

タニス・リーのヴェヌスの秘録シリーズの4弾目「復活のヴェヌス」。 時は未来。本物のヴェヌスは海に沈み、ドーム都市として復活していた。ミュージシャンであるピカロは先祖がヴェヌスに住んでいると認められていて特別に招待されていた。 一方、ヴェヌスではある計画が進んでいた。墓を暴き、死者を復活させていた。一人は18世紀にいた音楽家のクローデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅浩江 ゆらぎの森のシエラ

菅浩江のファンタジー「ゆらぎの森のシエラ」。 キヌーヌと呼ばれる土地は魔物が村を襲っていたが、守護神リュクティのお陰で魔物は襲ってこなくなっていた。一方、魔物であった金目は「騎手さま」という少女の声を聴き、人だったときの心を取り戻す。そして、自分を魔物にしたパナードに復讐を誓う。 では、リトルと呼ばれるおかしな少女がいた。金目と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽の王と月の妖獣

ヴォンダ・N・マッキンタイヤの「太陽の王と月の妖獣」。ファンタジー扱い? 舞台はルイ14世時代のヴェルサイユ。マルティニーク島からやってきたマリージョゼフは「マドモアゼル(ルイ14世の弟オルレアン公の娘)」の侍女としてヴェルサイユにいた。マリーの兄イブは海で妖獣を捕らえてヴェルサイユに持ち帰ってきていた。 妖獣には不死となる秘密…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミストクローク

ブランドン・サンダースンのミストシリーズの第三弾「ミストクローク」 世界は灰に覆われて、エレンドの努力も虚しく、終末に向かっていた。 それでも、各都市に赴き、住民を避難させようとするが、支配王に仕えていた義務官が納めている都市で、ヴィンが捕まってしまう・・・ 果たして、彼らの運命は? 支配王を倒した後に、世界が終末に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不死鳥の剣

剣と魔法の物語傑作選「不死鳥の剣」 収録作品は以下のとおり「ロード・ダンセイニ/サクノスを除いては破るあたわざる堅砦」、「ロバート・E・ハワード/キンメリアのコナン 不死鳥の剣」、「ニッツィン・ダイアリス/サファイアの女神」、「C・L・ムーア/ヘルズガルド城」、「ヘンリー・カットナー/暗黒の砦」、「フリッツ・ライバー/凄涼の岸」、「ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミストスピリット

ミストスピリット。ミストシリーズの第二弾。 ミストボーンで、ルサデルを制服王から解放したヴィン達だったが、エレンドの父ストラフ・ヴェンチャーがルサデルの周りを駐屯。また、他にも二つの軍勢(セト卿の軍勢とジャステスが率いるコロス族)がルサデルを囲んでいた。 この危機に、エレンドは王を解任される。それでも彼らはルサデルの人たちを守ろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新 風の大陸 3

新風の大陸3。シリーズ3作目。ラテルにむかうカヴィンタ、ローエ一行。 ローダビアの若きは出てくるし。そして、この3作での仲間の死。 振り返ると、トリロジーの形になっており、ラテル山に着いた所で一つの幕が終わる感じ。 カヴィンタとルティの二人が世界を救う役目を負うのか?とは言うものの、二人があまりの話の大きさについていけていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイルマーク王国史 詩人たちの旅

ダイアナ・ウィン・ジョーンズのデイルマーク王国史「詩人たちの旅」。詩人であるクレネンと妻と子供たちはデイルマークの南部を旅しながら、唄を披露する旅芸人。あるとき、キアランと言か少年を乗せて北部へ向かう。そこから、色々な事が起きていく。 基本的には、次男であるモリルの成長物語と言うことには、なるのだが、父の個性の強さと詩人の日常がず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more