テーマ:DVD

硫黄島からの手紙

2006年公開の映画「硫黄島からの手紙」 太平洋戦争末期、硫黄島での激戦を描く。 栗林忠道陸軍大将が硫黄島に赴任してきたところから話が始まる。 海岸線でアメリカ軍を迎え撃つという作戦を捨て、山にこもりゲリラ戦に切り替える栗林。 命令に背くものは罰を与えるという風潮にも、無駄な罰を与えることは止めさせようとする栗林。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い人生

イ・ビョンホン主演の甘い人生。 キム・ソヌ(イ・ビョンホン)は裏社会のボス・カン社長に仕える。 ホテルを取り仕切り、いざという時には力を示すことが出来た。 ある時、社長から若い愛人の行動を見張れと言われ、その任につく。 ある時、愛人が若い友だちのいるところを発見し、自らの判断で男を逃がす。もっと言うと、二度と顔を見せるな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名誉と栄光のためでなく(1966)

1966年に公開された「名誉と栄光のためでなく」 インドシナで戦ったフランス軍に所属するパラシュート部隊のラスペギー大佐。作戦がうまくいかず捕虜となる。その後、フランスに帰国。 その後、アルジェへの戦いに赴く。 インドシナで一緒に戦ったアルジェリア人・マヒディが、アルジェリアの独立運動に加担し、また現地の政治状況からラスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男たちの挽歌(1986)

1986年制作の香港映画「男たちの挽歌」 香港マフィアの幹部ホーと親友マーク。ホーは「最後の仕事」としていた取引で警察に捕まった。マークは裏切りを知り復讐するが、足に重傷を負う。 ホーの父はホーの弟キットの前で殺され、キットはマフィアに絡んでいた兄ホーを激しく恨むようになる。 ホーは出所し以前の仲間から仕事に誘われるが、弟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女が水着に着替えたら(1989)

1989年制作の「彼女が水着に着替えたら」 原田知世主演で、ホイチョイ・プロダクションズ原作の第2作目。 真理子と恭世はスキューバダイビングのパーティーに参加。ダイビング中に、海の底に飛行機の残骸を発見した。 丘に上がってから、パーティーに参加中に、部屋の中にあった写真は、海の中で見た飛行機と一緒だった。 飛行機は朝鮮戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋愛睡眠のすすめ(2006)

2006年制作の「恋愛睡眠のすすめ」 父の死をきっかけに母の住むフランスへやってきたステファン。 ステファンは現実と夢の世界区別できないときがあった。彼の部屋の隣に女性が引越ししてきた。彼女の名前はステファニー。 彼女のことが気になり、そこそこ仲良くはなるが、その先の関係へは進まない。 夢の中の妄想と現実が混乱しあい・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとごろし

1976年制作の映画「ひとごろし」 越前福井藩で武術達者な仁藤昂軒が、藩主が可愛がっていた加納平兵衛を切り捨てた。 藩主は上意討ちを指示。しかし、仁藤が優れた武芸者であることをしっている藩の武士たちは尻込みして誰も手を挙げない。 福井藩一の臆病者といわれている若侍双子六兵衛が手を挙げる。 それは、妹のため・・・臆病者の妹とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空軍大戦略 (1969)

1969年公開の映画「空軍大戦略」 第2次世界大戦時のドイツのイギリス空襲を中心した戦争映画。 特に主人公がいるわけではなくて、群像劇のような感じ。 ドイツの空軍の巨大な物量と、比較して圧倒的に少ないイギリス空軍。 イギリスは新兵器でもあるレーダーを海岸沿いに配していたが、ドイツはレーダー基地を空爆で叩く。 イギリスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銭形平次捕物控 まだら蛇(1957)

1957年制作の銭形平次捕物控 まだら蛇 主演の銭形平次は長谷川一夫。 ニセ小判と、その偽小判作りに従事させられている人たち。そこから脱走した男の親戚が、船頭の格好をした女(美空ひばり)が絡んでくる。 脱走したものは殺され、死体が江戸の川に流れてくる。 同時に調べに入る銭形。ニセ小判作りには幕府の者が関わっており、町方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JFK(1991)

1991年制作の「JFK」 ジョン・F・ケネディの暗殺の真相を追うニューオリンズの検事・ジム・ギャリソンの話。 暗殺犯とされるオズワルドの情報をある程度掴んでいたジムは、彼が暗殺犯であるということについて疑いを持っていた。そして、調べていくうちに、JFKの暗殺のウラにうごめく陰謀があるのでは?と思い始める。 真相を追うことに夢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽への脱出(1963)

1963年制作の石原裕次郎主演の「太陽への脱出」 日本新聞・社会部記者の佐伯は東南アジアに日本製の武器が流れているとの情報を掴み、バンコクへ飛ぶ。 日本では死んだとされる、日本人2人(速水と杉浦)が生きていて証人になるはずだと、佐伯は考えていた。 速水は中国人の商人となり、裏は武器商人、表はナイトクラブの支配人として生きていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ミルク

2008年制作の「ミルク」 ゲイであることを公表して活動家となり、SFの政治家として活躍したハーヴィー・ミルクの伝記物語。 いつまでもゲイであることを隠すのが嫌になったハーヴィー・ミルクは、恋人のスコットと共にSFに移住し、そこで店を始める。そこを起点にして、ゲイの仲間たちを集める。 一方、反ゲイの活動か活発化してくる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍拳(1978)

1978年制作のジャッキー・チェン主演の「龍拳」 武術の戦いで師匠であるソウ・サンタイを殺された主人公ホオウァンは、師匠の未亡人と娘を連れ「決着」をつけるため師匠を殺した武闘家ジョンを追う。 一方、ジョンは、自分の妻がソウが恋仲だったことに腹を立てていたわけだが、妻の自殺と遺書により、自分の行動をいさめることとなる。 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベオウルフ 呪われし勇者

2007年上映の「ベオウルフ 呪われし勇者」 英雄譚である「ベオウルフ」を映画化したもの。サトクリフが小説化したベオウルフは読んだことがあって、それはこっち http://98500699.at.webry.info/200801/article_2.html 基本的なストーリーは一緒だが、怪物グレンデルの父親は、前の王フロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び

ビデオ「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」。「装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端」の次の話。フィアナを失ったキリコはある惑星のとしグルフェーに向かう。そこには昔の仲間、ゴート、バニラ、ココナ達がいた。 バニラがいるグルフェーでは、ギルガメスの侵攻を受けていたが何とか独立を保っていた。陰謀と戦いが仕掛けられるが… キリコが惑星に降りたった理…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アサシン 暗・殺・者

ブリジット・フォンダ主演の映画アサシン(1993年公開)。と言うか、リュックベンソンのニキータのリメイク。 基本的にストーリーは踏襲。だけど、色々細かい部分で付け加えているところも(時間は短くなっているんだけどね) 卒業後の最初の仕事で、すでに殺人(爆発物搬入) ホテルからのライフルで、すでに足を洗いたいと感じているところ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ニキータ

1990年公開のリュック・ベッソン監督作品の映画「ニキータ」。街の不良少女だったニキータが仲間と一緒に騒ぎを起こし警官を射殺。裁判でも反省が見られなかった。 しかし、政府の秘密組織のボブは彼女に「素質」を感じ、秘密組織のメンバーとして育てるようにする。 3年後、ボスは彼女に「卒業試験」を課し、彼女は合格し、外の世界へと出る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アイアンマン2

映画アイアンマン2。言わずもがなのアイアンマンの続編。 1のエンディングで、自分がアイアンマンと表明したトニー・スターク。しかし、アーク・リアクターの動力源パラジウムの毒素が彼を蝕んでいた。 一方、アーク・リアクターはトニーの父親の発明のはずだったが、共同研究者のヴァンコの息子が父親の残した設計図を元にアーマーを発明。世界を震撼させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アイアンマン

映画「アイアンマン」。スターク社はアメリカ随一の武器製造会社。社長のトニー・スタークはその武器によって世界の平和が保たれていると思っていた。しかし、アフガニスタンで横流しされている事実を米軍への攻撃で知ることになる。 トニーもテロ集団に捕まり、新兵器の運用に力を貸すよう脅される。しかし、同じ場所にとらわれていたインセン博士の協力でアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たそがれ酒場(1955)

1955年公開のたそがれ酒場。 東京にあると思われる、ある大衆酒場の開店前から閉店後までの姿をグランドホテル形式~群像劇形式で描く。 大衆酒場には、色々な人がいる。お客も様々。戦争から帰ってきて、今の若者に嘆くびと達。その若者たち。二号さんと一緒に来て途中で逃げられる男性。 カウンターの隅に座る常連の画家。 働く人達にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤の銃士 狙われた王位とルイ14世の陰謀

日本では今年初めのディスクリリースされた「赤の銃士 狙われた王位とルイ14世の陰謀」 表の顔は先生、裏の顔は悪い奴らを懲らしめる剣士 ・・・というのが主人公。 あるとき、男たちに襲われている若い女を助けたが、助けられた女はどこかに行ってしまう。 偶然、再開したとき、父親が国王フェリペ4世に仕えていたが、反体制派に捉えられ囚われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール・アバウト・マイ・マザー

ペドロ・アルモドバル監督・脚本の1999年制作の映画「オール・アバウト・マイ・マザー」 移植コーディネーターのマヌエラは一人息子のエステバンの誕生日に、彼女の目の前で交通事故に逢いそのまま死んでしまう。 エステバンはマヌエラに父のことを聞いていたが、次の日に話すからと言ったのであったが・・・ マヌエラは息子の死を彼の父に伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイロビの蜂(映画)

2005年制作の映画「ナイロビの蜂」 ケニアの高等弁務官のジャスティン・クエイルは妻のテッサを何者かに殺される。強盗殺人と処理されたが、自宅からPCや手紙を警察が押収したことから、裏に何かがあると考えた。しかも、ジャスティンは友人サンディからテッサに宛てた手紙を発見し、その内容からさらに疑惑を深める。 映画はジャスティンがその謎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイスクール・ミュージカル2

ハイスクールミュージカル2 ハイスクールミュージカルの第二弾。夏休みのバイト。バイト先はリゾートスポーツクラブは、シャーペイの両親が経営しているところだった。 トロイをものにするため、いろいろ画策するシャーペイ。トロイはそれにはなびくが、彼女にはなびかない。しかし、トロイの行動は仲間たちの波紋を呼ぶ。 仲間たちの約束を選ぶか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士ガンダム・逆襲のシャア。 ネオジオンを再興していたシャア。コロニー落としをしかけ、ブライト、アムロのいるロンドベルはそれを止められなかった。 そんな中、地球政府の高官がジオンとの秘密交渉に臨んでいた。しかし、それは、ジオンが地球政府を騙す方策。シャアはアクシズを、地球にぶつけ核の冬状態に、しようとしていた。 アムロは偶然に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜よ、こんにちは

マルコ・ベロッキオ監督の2003年作品「夜よ、こんにちは」 1978年イタリアの赤い旅団によるアルド・モロ元首相誘拐殺人事件をテーマに、主に赤い旅団の女性メンバーによる視点で描かれている。 夫婦と偽って借りた家(アジト)に、誘拐したモロを監禁する。 モロを人質に政治犯の釈放を交渉する(これについては、あまり語られない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドバロン(1971年)

1971年の映画「レッドバロン」 第一次世界大戦に活躍したドイツの撃墜王・リヒトホーフェンの話。 部隊に入ってからエースになり、そして撃墜されるまでの話。 リヒトホーフェンは「狩り」を楽しむ感じで飛行機を操る。撃墜王として名をはせ、上官から現場を離れ指揮官となるようにと言われるが、現場を離れることに反発する彼。 一方、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイスクール・ミュージカル

ハイスクールミュージカル 映画館上映は無かった物の、シリーズ第一弾。 転校してきたガブリエラ と、バスケ部のキャプテンのトロイの出会い。 そして、ひょんな事から二人でミュージカルの主演のオーディションに。 それを阻止せんとする「女王様」シャーペイとその弟・らいあん。 嫌がらせも出てくるが、それはそこディズニーだから。最後は大団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラマンゼロ 超決戦!ベリアル銀河帝国

ウルトラの国にベリアルの手下・ダークロプスがやってきたが、セブンとゼロが撃退。しかし、その手下が得ていたエネルギーは別の宇宙から送られてきていた。 流石のウルトラの国でも、別の宇宙へウルトラ戦士を送るにはエネルギーがいる。ゼロ1人がその宇宙へと向かう。 その宇宙では、エメラル鉱石のエネルギーを得ていたカイザーベリアルの軍団が各地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険がいっぱい(1964年)

1964年制作のアラン・ドロン主演の映画「危険がいっぱい」 アメリカでさる夫人と浮気をしたマーク(アラン・ドロン)は、その報復でフランスまで追いかけてきた一味に捕まる。何とかして脱出し教会へと潜り込む。そこで、慈善活動をしていた女性二人バーバラとメリンダに目を付けられ(認められ?)、その家の運転手として雇われる。 何かを感じたマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more