テーマ:日本

映画 大巨獣ガッパ

日活唯一の怪獣映画ガッパ。 雑誌の出版社の社長が、トレジャーランドみたいな遊戯施設を作るために、南海の島へ調査隊を出した。その島で貴重な動物を捕獲し、遊戯施設で公開して金儲けしようという魂胆だ。 調査隊は、その島でガッパと言われて恐れられている存在があることを知る。そのガッパとは何か? その島の洞窟で、爬虫類と思われる生物を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 飢餓海峡

水上勉原作の飢餓海峡。 時代は戦争直後の北海道からスタート。火付け盗賊した3人は列車で函館へ向かう。台風の折り、青函連絡船が沈没。その救助活動の混乱の中、三人は小さい船を盗み、本土へ渡ろうとする。 火付け盗賊を追っていた刑事は、三人が本土へ渡ったと予想し、青森へと渡るが怪しい三人の足取りは掴めなかった。 その後で、本土へ渡れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 キカイダーREBOOT

キカイダーREBOOT 日本の政府が、災害時などの救援用にアンドロイドの研究をしていた。 しかし、裏の理由は軍事目的であった。 研究リーダーだった光明寺博士は謎の死を遂げ、政府は光明寺ファイルを探して、博士の娘と息子のあとをおっていた。 光明寺博士の指令を受けたジローは子どもたちを何とか守ろうとするが、ジローと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 細雪(1983)

映画 細雪 1983年公開の市川崑監督。舞台は太平洋戦争前の大阪。落ちぶれ始めた名家の4姉妹を描く。主演 岸 惠子、佐久間 良子、吉永 小百合、古手川 祐子 話の中心としては三女の結婚問題(お見合いしても、なかなかうまく行かない)ということと、四女の自由な生き方で男性問題が起き、長女、次女をヤキモキさせる。 その一方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 カノジョは嘘を愛しすぎてる

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」 原作は少女漫画。 音楽界の現実と、女子高生の芸能人へのあこがれ。それと、自分の才能が認められて・・・ 実は好きになった人は、その好きな芸能人(というか、バンドのプロデューサー)だった。 彼は彼女に対して言ったことは嘘も入っていた訳であるが、それさえも、というか、それを嘘と思っていないっていう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 弥勒

永瀬正敏主演の映画・弥勒 なかなか難解。戦後まもなく発刊された稲垣足穂原作ということで、言い回しが、悪く言えば古臭い。 映画自体はオムニバス形式というイメージな記憶だけど、主人公の若い頃から中年のあたりまで(中年を永瀬正敏が演じている) 希望があった若年が、落ちぶれていく中年って感じなんだけど、時代感が異なるので、どうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 マノン

烏丸せつこ主演の映画マノン(1981年)。 劇団の研究生みつこは、劇団の先生と同棲していたが、アルバイト先で社長の滝沢と一夜を過ごし、滝沢と付き合い始める。同棲先からは出ていき、女友達のところへ転がり込む。 みつこと滝沢が一緒にいるところを、みつこの兄しのぶが見つけ、そののち、しのぶは滝沢に金をせびるようになるが、滝沢は断固…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 利休にたずねよ

映画 利休にたずねよ。 織田信長から豊臣秀吉に仕えた(?)茶人の千利休の話。 切腹を命じられたところからはじまり、そこから時がさかのぼって織田信長との出会い、そして豊臣秀吉との関係への描写される。 基本的に美を追求する千利休。 「美」を基本にして色々ものを申す千利休に対して、武人たちが追随したりするのだけど、だんだん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 清須会議

映画 清須会議 三谷幸喜の映画ということで、有名なキャストがいっぱい。 話としては信長が本能寺の変で死んだあと、織田家の跡目相続を決めるために柴田勝家と羽柴秀吉が会議を中心に色々争うというもの。 勝家が織田家を盛り建てるという意識とお市の方に執着しているのに対して秀吉は自分が天下人になるという意識という事で、そもそもの戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 そして父になる

福山雅治主演の映画「そして父になる」。 子供取り違えで、お互いの家族がどうするかという話がベースだけど、タイトルの通り、福山雅治が演じる野々宮良太が父としてどう自覚するかというのがメイン。 野々宮家とリリー・フランキーが演じる斎木家の、子供が生まれた時に取り違えられて、小学校に上がる際の血液検査で子供が取り違えられたというが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ジャズ大名

1986年公開の映画ジャズ大名。 ときは幕末。現在の静岡にある藩は、幕府と薩長からもどっちにつくのか?と言われてたが、どっちつかずの態度を取っていた。 あるとき、アメリカから3人の黒人が流れ着いてきた。彼らは楽器を持っていた・・・ 藩主は周囲の反対を無視して、彼らに会い、所持者がいなかったクラリネットを譲り受ける。藩主は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 許されざる者(2013)

映画 許されざる者。クリントイーストウッドが主演した映画の日本リメイク版 舞台を明治初期の北海道に変え。 幕府軍の闘士であった 十兵衛は、追っ手を次々と倒したが、その後アイヌの女性と出会い、人を殺めることをやめると誓う。そして10年。 ある村で娼婦が客のことを笑ったために、一人は殺害、一人は顔に傷をおう。即決で、馬を6頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 夏の終わり

瀬戸内寂聴原作の夏の終わり。 作家・小杉慎吾の2号さん(死語?w)として、東京にすんでいる相澤知子。慎吾か東京にいるときはしているが、知子は染め物の仕事をしている(内職的ではなくて、デザインから行っている) 知子が故郷で付き合っていた男性・涼太が上京してくる。それが、始まりの終わりだった。 妻ではない知子は、慎吾がいない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 一本刀土俵入り

長谷川伸原作の任侠もの、一本刀土俵入り 。 時代は江戸、舞台は取手(とって) 旅籠・我孫子屋にいた女・お蔦と、やくざもんがひと悶着。お蔦の機転でやくざもんは一回帰ろうとするがそこへのこのこ現れたもと相撲取り・茂兵衛。因縁付けられたが、先のお蔦によって助けられる。 相撲取りは身の上噺を女にする。 お蔦は彼女の故郷の歌であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 暗闇から手をのばせ

映画 暗闇から手を伸ばせ。障害者専門の性風俗に勤める女子・沙織が主人公。 お客がいて、こういう病気だよって説明するという展開。 病気も含め楽しんでいる中嶋、死と直面しながら諦観している水谷。事故で動けなくなって人生を諦めている若者・健司。 彼らの人生に少しずつ絡んでいく。 主人公の沙織も、普通の風俗に勤めていたときにスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 インターミッション

映画インターミッション。3月に閉館された銀座シネパトスを舞台に、支配人を中心にいろんなお客がやってくる。そんな人たちのお話。 一貫して何かのストーリーがあるわけではなくて、だいたいはお客の細切れのストーリーが進んでいく。 おそらく監督が好きな映画をモチーフにしてのストーリーと、細かなセリフなど。 昔から映画を見ている人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 青春の蹉跌

萩原健一主演の青春の蹉跌 大学に通っていた賢一郎は、家庭教師をしていた。その生徒・登美子からスキーに誘われ、そのまま関係を持つ。 一方、援助してくれる叔父からは、将来を考えるようにと諭され、司法試験を受験し合格する。 叔父の娘・康子からは好意を持たれており、婚約へと進む。 登美子との関係は続いていたが、子供が出来たと告げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 戦争と一人の女

映画 「戦争と一人の女」。坂口安吾の短編をベースにした、太平洋戦争終戦を中心にして一人の女と周りの男達の姿を描く。 洲崎「育ち」の女は食堂をやっていたが、食料事情の悪化もあり、店を閉めようと考えていた。そんな中、客の一人でもある作家との話から、彼の妻となる。 時代に辟易していた作家と女の暮らしが始まった。 体を求める日々では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

大泉洋主演の探偵はBARにいるの第2弾。 今回は、探偵がよく行くお店で働いていたオカマのマサコちゃんが東京のテレビに出た後、サッポロに帰ってきた後に殺された。 犯人はなかなか捕まらなかった。 その間、探偵は女につかまっていて事件のことはすっかり忘れていた。 しかし、ふられた後、関係者に事件のことを聞いてみると、口を閉ざす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 その夜の侍

映画 その夜の侍 中村健一はひき逃げ事件で妻を失う。 健一は毎夜、妻の最後の留守番電話の音声を聞いていた。 そして、5年目のその日に向けて、ひき逃げ事件の犯人である木島に手紙を毎日送りつける。 追い込んでいるのは健一か? しかし、殺された妻の兄・青木は木島に対して、事を大きくしないように頼む。しかし、やくざな性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ミロクローゼ

山田孝之が3役の映画ミロクローゼ。 愛というか女子をめぐるストーリー オブレネリ・ブレネリギャーは、小さい頃に偉大なミロクローゼに恋して、いっとき一緒に暮らすが、失恋する・・・(1回、この話はここで終わり) 熊谷ベッソンは愛の伝道師。悩める男子に愛のアドバイスを授ける。とは言っても、結局は、メソメソせずにぶっ飛ばせ的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 月曜日のユカ(1964)

映画月曜日のユカ 横浜に暮らす若い女ユカ。「パパ」から与えられているアパートに住み、夜はホステス。でも、若い彼・修もいる。 小悪魔的ではあるが、彼女としては男の人を喜ばせたいという。だから、男が喜ぶと思ったら、自分の体も相手に捧げる。 でも、一つだけ許さないのは、キス。 ある時、修と歩いているときに、家族連れのパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 東京無印女子物語

映画 「東京無印女子物語」 3人の上京してきた普通の(?)女子の物語。 プロローグで、カオリ 自分を変えたくて上京・・・ エピドード1 のぞみは大学生。ただでさえ遅い自分のテンポと東京のテンポがあわない。街でばったり会った自分と同じテンポの壮太と一緒に暮らし始める。 そして、のぞみは就活を始めるが、なかなか希望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 四畳半青春硝子張り(1978)

1976年公開の映画「四畳半青春硝子張り」 若いカップルである深志と文江。貧しいながらも若者らしい明るさがあった。 そんな中、深志が盛岡にいる頃、一晩を過ごした人妻である英子が上京していくる。 英子は深志の職場へ電話をかける・・・ その一本が深志と文江に大きな影響を与えていく・・・ 深志と英子は再会して、再び関係を持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 綱引いちゃった

井上真央主演の「綱引いちゃった」 。県庁所在地の割りには地味な大分市を盛り上げようと、市の職員である千晶は女性綱引き大会のメンバーを募集するが、誰も集まらず(綱引きで世界大会を優勝したコスモレディーズというのがいるので、そこからのアイデア)。ちょうど、その頃、市の給食センターを閉鎖して民間に委託するという話が出てきた。 そこで千晶は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ヘルタースケルター

沢尻エリカ主演の「ヘルタースケルター」 。ヘルタースケルターの意味は、劇中での説明は「シッチャカメッチャカ」。 リリコは人気モデル。テレビや取材、ファッション誌などから引っ張りだこ。 しかし、彼女の美しさは「造られた」ものであった。造られたが故に、その後遺症に悩まされ、新人のモデルが出てきたことで、精神の崩壊を招いていく・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒蜥蜴(1968)

映画「黒蜥蜴」。 1968年公開で当時、丸山明宏だった美輪明宏が主演。 対抗する明智小五郎に木村功(知らん) 前に見たドキュンタリーで出てきた「黒蜥蜴」ですが、まさか映画館で見れるとは http://98500699.at.webry.info/201206/article_1.html 美輪演じる緑川夫人は、女盗賊。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 からっ風野郎

三島由紀夫主演の映画「からっ風野郎」 。公開は1960年。 ヤクザの2代目としてムショに入っていた朝比奈は、出所間際に生命を狙われるが、たまたま代わりに面会に出ていた男が撃たれて、助かる。 出所後、朝比奈は対抗する相良から何とか逃れようとしつつ、一泡吹かせようと画策する。 これに朝比奈の元恋人や、朝比奈の組が経営する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源氏物語 千年の謎(映画)

映画「源氏物語 千年の謎」 源氏物語と作者の紫式部と藤原道長の話を絡めていく。 源氏物語の方は、葵との結婚、六条御息所の怨念、藤壺との密通 というあたり。あ、夕顔も出てくるか。 光源氏と御息所との関係は、紫式部と道長の関係をモデルにしているという設定にしている。男を想う修羅の心(式部の道長への想い)を、御息所に投じてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋の罪(映画)

映画「恋の罪 」 円山町で女性のバラバラ殺人死体が見つかった。被害者は誰か? その被害者とその周辺人物を追う。 タイムラインは2つ。 事件を調査する刑事・和子(水野美紀)側のライン。 事件発生までのライン。 サスペンス仕立てになっているが、それがメインではないので。 冒頭の和子が犯されているシーンから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more