テーマ:時代劇

映画 武士の献立

映画 武士の献立 加賀藩で、徳川家への恭順を示すため、料理でもてなすというあたりから、武士が刀を包丁に持ち替えて、料理をつくるという。 包丁侍と言われ、舟木伝内は江戸で務めていたが、あるとき、藩主の前でつくった料理の原料を当ててもらうゲームをしたが、それを当てたのが前田吉徳の側室・お貞の方の女中・春であった。 伝内は彼女の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとごろし

1976年制作の映画「ひとごろし」 越前福井藩で武術達者な仁藤昂軒が、藩主が可愛がっていた加納平兵衛を切り捨てた。 藩主は上意討ちを指示。しかし、仁藤が優れた武芸者であることをしっている藩の武士たちは尻込みして誰も手を挙げない。 福井藩一の臆病者といわれている若侍双子六兵衛が手を挙げる。 それは、妹のため・・・臆病者の妹とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銭形平次捕物控 まだら蛇(1957)

1957年制作の銭形平次捕物控 まだら蛇 主演の銭形平次は長谷川一夫。 ニセ小判と、その偽小判作りに従事させられている人たち。そこから脱走した男の親戚が、船頭の格好をした女(美空ひばり)が絡んでくる。 脱走したものは殺され、死体が江戸の川に流れてくる。 同時に調べに入る銭形。ニセ小判作りには幕府の者が関わっており、町方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 手討

1963年公開の「手討」 市川雷蔵主演で相手役が藤由紀子。 江戸初期、御前能を待っていた前田家。その際にあくびをした旗本がいた。前田家は老中にねじ込み、その旗本を切腹へと追い込んだ。 大久保彦左衛門と青山播磨は、いきりたつ旗本を抑えつつ老中にかけ合うが、力及ばず。 旗本は平塚党(ちゃんと聞けなかったので正確には不明)を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 伏 鉄砲娘の捕物帳

映画 「伏 鉄砲娘の捕物帳」。祖父を亡くした若き漁師である娘・浜路。江戸に出ている兄の道節から手紙が来て、浜路も江戸に出ることに。 江戸の人の多さと街の大きさにびっくりする浜路。 江戸では伏狩りというのが行われていた。伏は犬と人間の合いの子で、人の生霊を食らう。その為、お上は伏狩り令を出し、8匹(人)いるところの残り2匹となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斬る(1962)

1962年公開の市川雷蔵主演の「斬る」 高倉信吾は父親と妹と幸せに暮らしていた。 しかし、慎吾は自分がある事情で産まれ、実の息子ではないということを知らなかった。 高倉がいる藩に、ある剣客が訪れ、公式な試合が行われるが、藩の武士たちは負けていく。藩主の命で慎吾が剣客が戦うが、信吾の独特な剣と気迫で信吾が勝つ。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切腹(1962)

1962年公開の映画「切腹」。仲代達矢主演。寛永7年、屋敷の庭先で切腹させてくれと言って、たかる浪人が増えていた。 そんな中、元芸州の浪人と名乗る津雲半四郎が井伊家を訪ねて、庭先で切腹させてくれと言った。家老に取次ぎ、それは認められた。  津雲は次々と三人の介錯人を言うが、いずれもが「病気」と称し出仕していたなかった。 津雲は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新撰組 (白井喬二)

白井喬二の新撰組。 新撰組っていうタイトルだが、ほとんど新撰組は関係がない。ちょっとは出てくるんだけど。 コマ勝負を中心にして、主人公の恋愛話へと。 主人公が江戸っ子ということで、即断即決ところがあり、そのあたりテンポの良さでグイグイと。 コマなんてほとんどわからないし、用語が色々出てくるのだが、想像すらできないんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銭形平次~時代小説英雄列伝

「誰が呼んだか銭形平次~♪」 野村胡堂原作の銭形平次の傑作編というもの。 短編集で、そんなに複雑なストーリーではないのでさっくり読めます。 基本的に犯人を捕まえるというよりは、心情を汲んで罪を問わないで捕まえなかったりするわけ。 八と平次の会話が軽妙。 テレビで見ているはずなんだけど、言葉使いとかは全然覚えていなくて。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿三十郎(1962年)

1962年公開、黒澤明監督、三船敏郎主演の映画「椿三十郎」 若侍が陰謀を暴こうとして密談をしているが、それを「たまたま」聞いてみた椿三十郎。 侍たちにアドバイスをすると、さてその通りに物事が動く。 侍たちは椿をいぶかしいと思いながらも、彼の意見に従って動くこととなる・・・ エンターテイメントとして作られているので、話の筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大奥

こちらの「大奥」は2006年公開の映画。 実際にあった「絵島生島事件」をモチーフにして、主演には仲間由紀恵、高島礼子等。 大奥の権力争いの中で、大奥総取締まりの月光院派の絵島が天英派の陰謀にはまり、その座を追い落とされる。 というのが、大まかな(大まか過ぎ?)流れ。 もっとドロドロしたかんじなのかしら~と思ったのだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はぐれ牡丹

山本一力の江戸時代を舞台にした小説「はぐれ牡丹」 両替商の娘でありながら、駆け落ち同然で家を出て、長屋で親子3人で住む女性が主人公。行商のためのたけのこ掘りをしたときに、偽のお金を発見したところから、ストーリーが展開していく。 贋金つくりとばらまいている悪人(とりあえず)と主人公側の話がパラレルに進んでいって。 贋金つくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EAST MEETS WEST

岡本喜八監督、 真田広之、竹中直人主演の時代劇「EAST MEETS WEST」。 時代劇と言っても江戸末期、咸臨丸に同乗してアメリカに上陸した日本人がアメリカで、暗殺を企てようとするが・・・ 幕府からアメリカ政府に献上しようとした金貨(1万両だったっけ?失念。とにかく大金)が盗まれてしまい、それを追ううちに、仲間が増え・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠狂四郎 魔性剣

市川雷蔵主演の眠狂四郎シリーズの六作目。 1965年公開ですか。 身体を売っていた武家出身と思われる娘とであった狂四郎。しかし、身の上話を聞き吐いた台詞がもとで娘は自殺してしまう。 娘は狂四郎の名前を聞いておりそれを遺書にしたためていた。 それが事件の始まりだった・・・ 娘は岩代藩の妾筋の息子をかくまっていたが、本妻筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三匹の侍

1964年制作の「三匹の侍」 丹波哲郎 、平幹二朗 、長門勇が浪人に扮して、それぞれの個性を生かして活躍するというもの。 代官に強訴するために代官の娘を誘拐した農民。それを知った左近(丹波哲郎)は意気に感じて農民に協力する。代官は農民を蹴散らすため京十郎(長門)などに始末をたのむ。しかし、京十郎は代官の実態を知り代官から離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨上がる

山本周五郎のタイトルを含む時代小説短編集。 収録されているのは 深川安楽亭、よじょう、義理なさけ、雨上がる、雪の上の霜の五編。 けっして有名な人を書いているわけではない。市井の人々を描いている。 しかも、書き方というのが何というか。上に上がってやろうとかの欲を極端に持っているわけじゃなくて、ほんの少しだけ今の生活を楽にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOEMON

江口洋介主演の「GOEMON」 時代は秀吉が治めていた頃。一人の大泥棒がいた。その名は五右衛門。大商人の家に泥棒に入ったが、盗んだものの中に小さな青い箱。箱を開けても何も入っていなかったので屋根から捨てた。 しかし、弟分のサスケの情報によれば、箱の中には天下をひっくり返すようなものが入っているらしい。そこで、五右衛門はそれを探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本喜八監督、三船敏郎主演の時代劇。1965年公開。 幕末、井伊直弼を暗殺せんとする水戸藩浪士の一派に加わっている新納鶴千代(三船敏郎)。それは、手柄を立てて仕官するためのものであった。 新納鶴千代の実父は大名クラスであることは本人には伝えられていたが名前は伏せられていた。本人がいっぱしの侍となったときに親子の対面がかなうは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大菩薩峠(1966)

原作の小説をはじめ、映画化も何回かされている「大菩薩峠」だけど、見たのは1966年公開、仲代達矢主演、岡本喜八監督のもの。 時代は幕末、甲州大菩薩峠から始まる 剣の達人 机竜之助が剣術大会にて相手の宇津木文之丞を打ち殺してしまう。それによって竜之助は甲州から江戸に出て行くが・・・・。 竜之助の剣法は邪剣とされ、人斬りのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more