テーマ:フランス

双頭の鷲

佐藤賢一作の双頭の鷲。14世紀にフランスの軍神と言われたベルトラン・デュ・ゲクランの話。 若い頃から死ぬまで。いわゆる大河小説と言ったところか。 ベルトランを見出したシャルル5世(当時はまだ王子)との関係性とかね。 14世紀のフランスっていわゆるイングランドとの百年戦争の頃なんだけど、日本では百年戦争という名前は覚えていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せはシャンソニア劇場から

映画「幸せはシャンソニア劇場から」 舞台はフランス。1935年ころ。 世界大恐慌の後。パリの劇場も影響を受けていた。 劇場は閉鎖されたが、なんとかして再オープンさせたい劇場の従業員がみんなで集まったが、うまく行かない。 一人の少女が現れて、唄を披露。それが評判になっていく・・・ 少女が一回劇場を去るが、少女の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココ・シャネル

シャーリー・マクレーン主演の映画「ココ・シャネル」 15年ぶりにコレクションを開くシャネル。その姿と彼女の回想シーンで構成されている。どっちかというと回想しているシーンが多いのでシャーリー・マクレーンというよりは若きシャネルを演じたバーボラ・ボブローヴァの方が主役って感じ。 「シャネル」誕生からずっと追っているので、シャネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダルタニャン物語(1と2)

いわゆる「三銃士」ですな。 ダルダニャン物語というのが全体を指しており、「三銃士」はその中の一部。 三銃士は「友を選ばば三銃士 」「妖婦ミレディーの秘密 」から成り、日本でアニメになっているのもこのあたりが元。 前々からちゃんと読んでみようと思っていたのが、途中でくじけたりして2巻目にも行かず(^^; アニメではリシュリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ある公爵夫人の生涯

今回は「ある公爵夫人の生涯」。 舞台は18世紀末のイギリス。だいたいアメリカ独立やフランス革命があった頃。 デヴォンシャー公爵に17歳で嫁いだジョージアナ。 愛ある生活を望んでいた彼女だが、公爵は飼っている犬以外に何事にも興味を持っていなかった。 優しい言葉の一つでもかけて欲しいと実母にも愚痴をこぼすが、我慢しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤と黒

スタンダールの名作「赤と黒」 フランス地方の町ヴェリエールに住む、製材小屋を営む父親をもつジュリアン。力がなく本好きだったため、父親や兄たちには蔑まされていた。司祭からラテン語を教わり、その方面に才能を示す。このことをきっかけに、ヴェリエールの町長・レーナルのところに家庭教師に入る。 そこで、レーナル夫人と会い、彼女を誘惑する・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿姫

オペラなどで有名な椿姫の原作(デュマ・フィス作) 青年アルマンは高級娼婦マルグリットと出会い、恋に落ちる。娼婦であるマルグリットにはパトロンがいたが、アルマンは最初は嫉妬をおぼえていたが、マルグリットもアルマンを愛しており、なんとかして二人で暮らせるようになる。 しかし、突如二人には別れが訪れる。その理由はマルグリットはよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナ (ゾラ)

ゾラ作のナナ。フランス第二帝政期(ナポレオン三世)を舞台に、ナナという高級娼婦を主人公に、取り巻く人たちの姿を描くと言う感じ。 市井の人々をそのまま書くというのと、登場人物が多いので、それなりの「イベント」は起きるのだが心情とかを掘り下げているわけでもなく、淡々と話が進んでいく感じ。 ナナに搾り取られる男たちは身分はさまざまだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランジェ公爵夫人

ジャックアンドベティの二本立てのもう一本 王政復古のあたりのフランスの話。公爵夫人と一目ぼれした軍人との恋の物語。 なんだけど、お互いに気持ちがかみ合わないというか恋の進め方のペースがあわずに、お互いが傷ついていくという感じ。 えーーと、お腹の調子が悪くて、あんまり集中してみていられなかったんですが(^^; 公爵夫人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大列車作戦

バート・ランカスター主演の二次大戦末のフランスレジスタンスの話(1964年公開)。 二次大戦終盤、連合軍によるパリ解放前夜。ナチスの将校はフランスの絵画をパリからドイツへ列車を使って持ち出そうとしていた。 それを阻止せんとレジスタンスが動く。しかし、絵画を傷つけないように妨害する工作は、単純に爆破工作と違って難しく、犠牲者も増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽がいっぱい

アラン・ドロン主演の1960年公開の映画。 アラン・ドロン演じるトム・リプリーは友人フィリップの父親に頼まれて、フィリップをアメリカに連れ戻そうとイタリアへ。しかし、フィリップは戻るそぶりを見せない。 何もかも、フィリップのことがうらやましくなったトムは、フィリップを殺し、彼に成りすます・・・・ アラン・ドロン25歳のとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人教授

1968年のフランス映画。このタイトルからだと、最近のイメージとしてはエッチな感じだが、そういうことはなくて(1シーンだけあるが)、年上の女性にあこがれて、結局身を引く・・・というストーリー。 年上と言っても18歳から見た25歳なので、今の自分から見ればどうかい?って感じはあるけど。でも、そのくらいの年齢のときは年上趣味じゃなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more