テーマ:ヒューマン

映画 もうひとりの息子

映画 もうひとりの息子 日本でも子供取り違えネタの映画がありましたが、こちらは外国の映画での、取り違えネタ。 イスラエルのパレスチナ侵攻による混乱の中で、イスラエルの家族の子どもと、パレスチナの家族の子供が取り違えられて、約18年経った処。 イスラエルのヨセフは徴兵制により身体検査を受けた結果、血液型が両親から生まれない型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 許されざる者(2013)

映画 許されざる者。クリントイーストウッドが主演した映画の日本リメイク版 舞台を明治初期の北海道に変え。 幕府軍の闘士であった 十兵衛は、追っ手を次々と倒したが、その後アイヌの女性と出会い、人を殺めることをやめると誓う。そして10年。 ある村で娼婦が客のことを笑ったために、一人は殺害、一人は顔に傷をおう。即決で、馬を6頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 カルテット 人生のオペラハウス

映画「カルテット 人生のオペラハウス」 ある老人ホーム。そこは、若いころはプロで歌っていた人たちがいるような場所であった。 そのホームを存続させるための寄付金を集めるため、ガラコンサートの練習が行われていた。 ガラコンサートを推進する将軍みたいな人(笑)や、若い先生にちょっかいを出す元オペラ歌手とか、あることがきっかけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 人生の特等席

クリント・イーストウッド主演の「人生の特等席」 。ガスはメジャーでも有名なスカウトではあったが、年齢と古典的な手法で、同じチームの若手のスカウトから突き上げをくらっていた。 一方、ガスの娘・ミッキーは弁護士事務所で働いており、もう少しで経営パートナーになれるポジションにいた。 ガスの同僚で友人でもあるピートはガスの事を心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 北のカナリヤたち

吉永小百合主演の「北のカナリヤたち」 。教師のはるは北海道最北端の離島にある小学校の分校に赴任してきた。生徒は6人。色々な事があったが充実した日々であった。「あの日」が来るまでは・・・・ あの日から約20年後。はるは図書館に勤務していて定年の日を迎えていた。ある時、警察がやってきて「鈴木信人」を知らないかという。それは彼女の教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 終の信託

周防正行監督が役所広司、草刈民代のコンビを使って描く「終の信託」 。重度の喘息で入退院を繰り返す江木。担当医である折井。 折井は同じ職場の医師と不倫をしていたが、結局裏切られた。睡眠薬の飲み過ぎで病院内で倒れた折井。 その後、職場には復帰。その頃、江木からCDをもらい、その曲で癒されることに。 折井と江木は色々な会話を重ねる中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ヒューゴの不思議な発明

映画「ヒューゴの不思議な発明」 。博物館に勤めていた父を火事で失った孤児のヒューゴ。駅の時計係ををしていた叔父に引き取られたが、そののち、叔父の代わりの仕事をするようになっていた。 父親が途中まで直していた、自動機械人形を直すために、おもちゃ屋から部品を取っていたりしていたが、持っていた絵をおもちゃ屋の主に取り上げられてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 最強のふたり

映画「最強のふたり」 。大富豪であるフィリップは首から下が不髄である。住み込みで介護をしてくれる人を募集していた。色んな人が応募してくる中で、黒人のドリスは「俺を不合格にして、この就職活動証明書にサインしてくれ」という。 就職活動証明書があれば失業保険が貰えるからという。 フィリップは「サインをしよう。明日の朝に来い」と言った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 かぞくのくに

映画「かぞくのくに」。在日朝鮮人の家族の話。その家の長男が15歳の時くらいに、「帰国政策」で北朝鮮に帰国。そして25年して、脳の病気治療のため3ヶ月限定で日本に戻ってきた(平壌の病院では治せないということで)。 25年ぶりに再会する家族。 しかし、長男ソンホは党から監視役ヤンがついていた。 医者の見立てでは手術してその後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 おおかみこどもの雨と雪

細田守原作の映画「おおかみこどもの雨と雪」 花は大学の講義中に気になる男性と出会った。付き合ってしばらく経つと、彼から秘密を打ち明けられた。「自分は狼男である」と。花は驚いたが、彼を受け入れ一夜を共にした。二人は一緒に暮らし始め、最初に女の子の雪が生まれ、次の年に男の子の雨が生まれた。 しかし、雨が生まれた直後、彼は事故に会い帰って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 サラの鍵

映画「サラの鍵」 。第二次大戦中、パリでパリ警察によるユダヤ人の大量検挙を行った。 その中の一人である、サラという娘は警察が来た時に、弟を助けたい一心で彼を鍵付きの押入れに閉じ込めた・・・ しかし、サラや彼女の両親は連行され、収容所送りとなっていた。弟が気になるサラ。 なんとか脱走しようとするが・・・・ このサラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール・アバウト・マイ・マザー

ペドロ・アルモドバル監督・脚本の1999年制作の映画「オール・アバウト・マイ・マザー」 移植コーディネーターのマヌエラは一人息子のエステバンの誕生日に、彼女の目の前で交通事故に逢いそのまま死んでしまう。 エステバンはマヌエラに父のことを聞いていたが、次の日に話すからと言ったのであったが・・・ マヌエラは息子の死を彼の父に伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more