映画 もうひとりの息子

映画 もうひとりの息子

日本でも子供取り違えネタの映画がありましたが、こちらは外国の映画での、取り違えネタ。
イスラエルのパレスチナ侵攻による混乱の中で、イスラエルの家族の子どもと、パレスチナの家族の子供が取り違えられて、約18年経った処。
イスラエルのヨセフは徴兵制により身体検査を受けた結果、血液型が両親から生まれない型と判明。そこからDNA鑑定で、実の子供ではないことがわかる。
その後の調査で、パレスチナ人の子供だとわかる。

その病院で両親同士が対面する・・・
自分のお腹を痛めて産んだ子供が取り違えられて親同士は同じ苦しみというか悲しみを一瞬にして共有する。
一方、二人の父親は現実を受け入れられず、怒りが収まらない・・・

イスラエルとパレスチナの関係もあり、それぞれ息子に言わないでおくつもりだったが、それぞれ違うきっかけで息子に話すことになる。
そして、まずはイスラエルからパレスチナの方へ家族が訪問することに・・・

パレスチナで育てられた息子ヤシンはパリに留学していたこともあり、あまり反イスラエルという事を出さず、ヨセフとヤシンは徐々に心を通わせていく。

ヤシンの兄は反イスラエルではあったが、血にこだわりヤシンよりもヨセフを弟として認めていた・・・
しかし、ヨセフとヤシンの仲を見るにつれ、徐々に考えが変わっていく。


キャッチコピーがお母さん、自分の敵を愛せますか?みたいな感じだったので、戦いの中でどうなのか?みたいに勝手に思っていたけど、そういう敵か味方かなんていうのは即、母親は超越してしまうのね。男の方が体制とかを結構気にしたりしていたのが印象的。

ヤシンとヨセフがそれぞれイスラエルに入ったりパレスチナに入ったりするのだけど(イスラエルに入る方が簡単なように見えたが、ヨセフのイスラエルの父親が軍関係者で、入国パスを発行させられる力を持っているから)、お互いの地域の違いを認めつつ、これからどうやってというか、どの位置に立っていくのかというのを考えていく。

後半のところでヨセフがパレスチナの家族のところへ訪れるのだが、パレスチナの言葉を理解できないので本当の父親とあまり会話ができない(母親は仏語が多少できるので、会話可能)。でも、たまたまパレスチナの歌を知っていて、それを歌い、皆で歌うところ・・・とか。ここが一番印象的。

国の政策で憎みあうように仕組まれていくけど、そういうことがなくなればいいという希望をもって作られているような作品。


もうひとりの息子 [DVD]
TCエンタテインメント
2014-09-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もうひとりの息子 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック