映画 バーニー みんなが愛した殺人者

映画 バーニー みんなが愛した殺人者。
バーニーはある街にやってきた若者。葬儀屋のアシスタントとして働き、葬儀やその後のフォローが素晴しく、街のみんなから愛されていた。
バーニー自身もそれが神に仕える道と信じて、献身的に働いていた。
あるとき、金持ちの男ニュージェントが死に、その妻マージョリーが残された。マージョリーはその性格の悪さで街のみんなから、嫌われていた。
そんな彼女にもバーニーは他の人と同じように優しく接していた。


しかし、マージョリーはバーニーを独占し始め、徐々にバーニーもそれに耐えられなくなってきていた。
そして、バーニーは彼女を射殺。
混乱した彼は彼女を冷凍庫に隠し、周りには重い病気で顔を見せられないと嘘をついた。一方、彼女から遺産を譲られるような形になっていた彼は、そのお金を町で困っている人たちに使っていった。


そして、マージョリーの姿が見えないことに対してあやしいものを感じた資産管理人は彼女の家を警察共に捜索、彼女の遺体を発見する。
そして、裁判。普通はその町で裁判が行われるのだが、あまりにもバーニーをかばう人が多く、別の町へ。
その結果、終身刑となる。


これ、実話ベースで、真実のところはよくわかってないみたいというか、なんで殺してしまったの?みたいなところとか。映画では、裁判でバーニーが自分の贅沢のためにお金を使ったとされ、尚かつ、田舎の街なので、都市部に住んでいる人たちには常識なところを、田舎の街では贅沢だとキメつけるようにしたりして。検察側の作戦勝ちみたいに、なってるんだよなぁ。その辺がアメリカの裁判ぽいんだけど


バーニー役はジャック・ブラック。芸達者な部分が生かされているよなぁ。エンディングで本物の写真が写るんだけど、雰囲気はあってるもん。


バーニー みんなが愛した殺人者 [DVD]
ビデオメーカー
2014-02-07
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バーニー みんなが愛した殺人者 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック