映画 そして父になる

福山雅治主演の映画「そして父になる」。
子供取り違えで、お互いの家族がどうするかという話がベースだけど、タイトルの通り、福山雅治が演じる野々宮良太が父としてどう自覚するかというのがメイン。

野々宮家とリリー・フランキーが演じる斎木家の、子供が生まれた時に取り違えられて、小学校に上がる際の血液検査で子供が取り違えられたというが判明。
弁護士を介して、お互いの家族が会う。

野々宮の方は都心のマンションに住み、いわゆるエリートサラリーマン。一方、斎木の方は地方都市(前橋付近)の街の電気屋という、環境がまるっきり異なる家庭。
子供が6歳ということもあり、血筋にしたがって取り替えるか・・・(そういう話が弁護士からも提案される)
お互いの子供を相手の家に泊まらせて徐々に慣らすようにする。

良太は二人共こちらに引き取るという提案もするが、一蹴される。

血のつながっている方の子供を引き取ることにするが、環境と6年の人生は長すぎた・・・・


良太が父親として自覚するということになるのだけど、どうも、良太の決断というか決めたことに対して、斎木側の悩みとか思いとかがあまり描かれておらず、それでいいんだっけ?みたいことになるんだよな。
良太の自覚を表現しているから、いいかと思ってみても、斎木側の父親が決していいとは思わないというか。子供が一人多いのよ的な表現されているし。
一緒に遊ぶだけが良い父親なのか?逆な表現をすると、良太の生き方を全面否定しているようにしか思えないんだよな。

もう少し、良太の生き方を肯定するよな表現があれば、感じるところもあるのだが・・・


ところで、6歳だったら自己ができてきているし、取り替えるっていう選択はどうかね?と思うけどな。まぁ、10年後の話とかって書いたら、それはそれで面白いのかもしれないけど。




そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション
アミューズソフトエンタテインメント
2014-04-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック