映画 42 世界を変えた男

映画42。世界を変えた男 
メジャーリーグ初の黒人選手として知られるジャッキー・ロビンソンの話。

黒人リーグからマイナーにスカウトされて、メジャーリーグに昇格。そして、活躍するまで。
がっちり感動させる作りというよりは、スムーズというかあっさり進んでいく感じ?
もし、日本でこの手の作品が作られるとしたら、お涙頂戴的になうんだろうなと思いつつ。

当時の黒人差別というのがひどくて、黒人は白人とは別に扱われていて、一緒にいるのもおぞましい的な考えを持っていた人もいたという。
そういう描写がいくつも出てくるんだよね。
黒人がいるチームとは試合しないとか言われたり、ホテルでは出入り禁止にされたり・・・

ジャッキーは心にいろいろなものを持ちながらも、その場で解決しない勇気をだす。結果を出すのはグランドでということで。(その場で解決・・・というのは、差別をする人をその場でぶちのめすということね)
プレッシャーの中で結果をだしたジャッキーがすごいと言う話もあるのだけど、ドジャーズのGM ブランチ・リッキーの決断というのが、またすごいという事。

当然、いろいろな反発を招くことを想定しているわけで、その中で、実力あるものは黒人も白人も関係がないと思っている処。で、ジャッキーのプレーや人となりを信じて、まずはマイナーで契約。
それに応えるようにジャッキーが活躍する。

もう一人、ジャッキーのスポークスマンとしての存在でもある黒人新聞記者のウェンデル・スミス。
黒人同士の同じ苦しみを味わっているということと、彼も黒人ということだけで、新聞記者席を与えられていない。観客席から記事をタイピングしていたのだった。
ウェンデルもまた差別と戦っている一人なのである。

いや、しかし。アメリカの芝の球場ととかっていいよな~
マイナーあたりのちょうどいい感じの大きさとか。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック