映画 鷹の爪GO 美しきエリエール消臭プラス

鷹の爪GO 美しきエリエール消臭プラス

機械生命体の惑星であるゴゴゴは悪の帝国オマールに支配されていた。
ゴゴゴの人たちは解放するための戦いをしていたが、虚しいものとなっていた。
しかし、オマールを滅ぼすという予言があり、その滅ぼす男を探しに行った・・・

その男こそ、鷹の爪団の総統だったのだ。

鷹の爪団はゴゴゴの人たちにおだてられるが、その実力を見ぬかれるが、島根アプリによって窮地を脱する。
しかし、オマールは総統を探し出し、地球人に対して総統を差し出すように迫るが・・・


ギャグ系に実はあんまりなっていなくて、総統が地球のために犠牲になるっていうのを、吉田くんがさんざんおかしいと言い放つ。
この辺の皮肉ってすごい効いている気がするんだよね。


一方でいろいろな映画をパクっているというか、良い言い方をするとリスペクトしているというか。
スターウォーズだったり、インディペンデンス・デイとか。
スーパーマンもあったかな。

ところで、島根を馬鹿にできるのは鳥取だけだ!っていうのは笑えましたな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック