映画 ローン・レンジャー

ジョニーデップ主演のローンレンジャー。
ご存じの通り、ジョニデがローンレンジャーではなくて、インディアンのトント(悪霊ハンター)
トントが追っている悪霊がとりついているとした強盗犯人ブッチ。それを法の裁きを受けさせようとする若き検事ジョン・リード

ローンレンジャーになるジョンは、強盗にやられてしまって、テキサスレンジャーである兄もやられしまうわけですね。
トントとしては、ガンも撃てて追跡能力が高い兄の方を復活させたかったのですが、神の使いである白い馬がコッチと言うもんだから、弟の方のジョンを復活させます。

この二人のブッチに対する追跡行が始まります。
途中で黒幕がわかったり、二人の考えを揺るがすことも出てきたり、というか気がついたり。

ジョニデがローンレンジャーじゃなくて、トントっていうあたりがキャスティングの面白さなんですよね。

なにげに見ていると、単純に面白いのだけど、結構白人批判ってやっていて。どうもテレビシリーズでもそうだったらしく。その辺はきっちり受け継いでいるようです。
白人嘘つき、インディアン嘘つかないのネタはここから。ま、強いものが正義なんだよ

そういや、謎の女レッドが出てくるんだけど、せっかくのヘレナ・ボナム=カーターなんだから、もうちょっとキャラクターか、話に絡んでくると良かったなと。

ハイヨ、シルバー!


ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-01-15
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック