映画 グランド・マスター

ウォン・カーウァイ監督の映画「グランドマスター」 。ブルース・リーの師匠として知られる葉問(イップ・マン)の話。

1935年頃の中国。列強各国に牛耳られ、混乱の時代。
北方から来た宮宝森は南方の武術の流派もまとめていたが、寄る年波には勝てず、後を継ぐものを探していた。
それがイップ・マンだった。

宮宝森はイップ・マンの考え方を認め、後を継いでもらう。

一方、宮宝森の直弟子の馬三は、戦いで一番を目指さなくなった師匠と対立。数年後、直接対決で師匠を殺める結果に。
宮宝森の娘である宮若梅は、馬三と対決する決意をする・・・


宮若梅がイップマンの力を測るため、戦うシーンがあるけれども、予告編であるような一番を狙って・・・という感じではなかったかな。
一番、真剣な対決ということでは宮若梅と馬三の部分。

話としてはイップ・マンが主役であるのだけど、宮若梅と馬三の対立の部分というのが、盛り上がりに繋げている。
元々、ドニー・イェン主役のイップ・マンを見ているので、本作は中途半端な感じもしないでもないな。

一線天というキャラが出てくるけど、本編には直接からまず。とりあえず、そんな人がいた的の割りには妙に扱いは多いので。これもちょっと、おかしな感じ。


雨の中の戦いのシーンなど、マトリックスを思い出させるし(それは俺的には問題ないのだけど)。映像はいいけど、ストーリーはちょっとなぁ(^^;



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グランド・マスター [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック