危険がいっぱい(1964年)

1964年制作のアラン・ドロン主演の映画「危険がいっぱい」
アメリカでさる夫人と浮気をしたマーク(アラン・ドロン)は、その報復でフランスまで追いかけてきた一味に捕まる。何とかして脱出し教会へと潜り込む。そこで、慈善活動をしていた女性二人バーバラとメリンダに目を付けられ(認められ?)、その家の運転手として雇われる。

何かを感じたマークは、運転手をしながらも年上の女性バーバラに近づき真の目的を探ろうとする。そこには、過去のスキャンダラスな事件が絡んでいた…

二人の女性を相手にアラン・ドロンの色男ぶりと言うのが発揮されるわけだが、三角関係の(しかも二つの)やり取りがなかなかおもしろい。ジェーン・フォンダ演じるのが若い女性の方(メリンダ)で、これがなかなかマークに相手にされないのだけど、結構反則技を使ったりするのね。

最終的に危機が去ったように思えて、最後のオチと言うのが、彼にとっては最悪になっているというのがポイントかしらね。
ざっくり言えば女性は怖いね~と言うことか(笑)

ジェーン・フォンダのメリンダは結構、小悪魔~。やられちゃいます。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 危険がいっぱい ニューマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック