シャフト(2000年)

サミュエル・L・ジャクソン主演のアクション刑事もの「シャフト」

バーで黒人青年が黒人蔑視の白人・ウォルター・ウェイド・Jrに殺される事件が発生。シャフトはウェイドを逮捕し裁判へと送り込むが、ウェイドの不動産王である父が金にものを言わせ釈放させる。そしてウェイドは国外と逃亡した。
2年後にウェイドは帰国し、シャフトは再び彼を逮捕するが、再度金の力で保釈される。ウェイドは拘置所で知り合った麻薬組織のボス・ピープルズと知り合い、保釈後、彼と連絡を取り、シャフトに復讐を試みる。シャフトはその動きを知りつつ、ピープルズとウェイドを追っていく・・・。

この映画は、サミュエル・L・ジャクソンのかっこよさが第一。
正義の元に暴力も辞さないわけだけど、その力を発揮するのをためらわないというか潔さというか。
悪は許さんという・・・警察内部の腐敗も許さない・・・部分がスカッとするところなんですね。

テーマ的に、法の正義があるのに法の元で金があれば何でもできてしまう・・・有罪であっても罪を受けない部分があるのですね。シャフトは刑事である以上、お金で解決する部分は手が出せないし、出さない(賄賂などを受けない)という部分があり、それ故に、余計に悪に対して憤りを感じるんですね。
法の矛盾の部分は最後に殺された青年の母親がウェイドを射殺するシーンが象徴的。法が正義を下せないなら自分で下すしかない。

うーーむ。日本とは事情が違うとは言え、考えさせられますね。


アクション映画ということで、シャフトのかっこよさは当然のこととして、音楽もかっこいい。1971年の黒いジャガーのリメイクということで、そのときのメインテーマがそのまま今回もオープニングで使われているし、2000年当時のHIP-HOP系のクールな曲も使用されていますね。
映画公開時にも映画館で見たのですが、サントラも買いましたね~。


SHAFT
アリスタジャパン
2000-07-05
サントラ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SHAFT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック