愛と復讐の挽歌 野望編

チョウ・ユンファ主役の香港ノワールの一つ(って言ってみたかった・・・(笑))

チョウ・ユンファのチャイが主役と言うよりは、チャイの元で働くようになった兄弟(ユンとクオ)が主役と言う感じ。
父を含めて兄弟で仲良く暮らしていたのに、兄であるユンの性格・・・人を見下す態度がチャイに嫌われて、逆恨みしてチャイを裏切ることに。
これが兄弟の確執(表に見えるわけじゃないけど)を生じる。

確執と言うか、クオは兄をなんとかしてかばおうとするんだけどね。クオは世話になったチャイを裏切ることはできないし。で、結局、ユンの裏切りを知り袂を分かつことになる。

これ、原題は「江湖情」。武侠小説に慣れている人はこのタイトルと内容を見るとははーーんというか、ピンと来るんじゃないかな。渡世人の掟とか情けとか恩とかを重要視する世界というのがわかるしね。
英語タイトルのrich and famousか・・・ちょっと味がないよね。


最後のタイトルロールはパターンではあるけれども納得。ラスト、兄弟と父、娘はバラバラになってしまい、そしてタイトルロールは家族4人で写した写真。

調べてみると、実は「愛と復讐の挽歌」の方が先に上映されているんだけど、話の時間軸は「野望編」の方が先。どちらを先に見ればよかったかね?(^^;



愛と復讐の挽歌・野望編
キングレコード
2007-02-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック