思考の補助線

脳科学者・茂木健一郎さんの著作。あまりにも話題が広範囲に渡って、かつ、専門的な話も出てくるので、一回読んだだけで、感想なんか書けるか! なんですが(笑)

補助線を引く前に、引き方がわからんいというかなんと言うか・・・

だから、何度も読んでみて、自分で色々考えてみるんですね。

khow-how本みたいにちょっとつまみ食いして、BOOK何とかへ売ってしまう本じゃありませんので。

脳を研究していて、全体のこれだけわかったということはなく、あることがわかると更にわからないことが出てくる。知に対する欲望はもっとも強烈・・・難しいから知りたくもないと思った瞬間につまらなくなるというのか、なんというか・・・いけませんな。


真の平等の話や、生命流転、総合的知性の話・・・・
命題は与えられた。一つの答えはなくて、自分で補助線を引いて、自分の回答を導き出すしかないのね・・・と思ってみたりもする。


思考の補助線 (ちくま新書 707)
筑摩書房
茂木 健一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック