アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日本」のブログ記事

みんなの「日本」ブログ

タイトル 日 時
映画 大巨獣ガッパ
映画 大巨獣ガッパ 日活唯一の怪獣映画ガッパ。 雑誌の出版社の社長が、トレジャーランドみたいな遊戯施設を作るために、南海の島へ調査隊を出した。その島で貴重な動物を捕獲し、遊戯施設で公開して金儲けしようという魂胆だ。 調査隊は、その島でガッパと言われて恐れられている存在があることを知る。そのガッパとは何か? その島の洞窟で、爬虫類と思われる生物を捕獲。それを持ち帰るが、それがガッパの子供であった。 ガッパの両親が子供がいなくなったことに気づき、子供を追って日本へ。ガッパへ攻撃するが通用しない。研究者は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/21 10:03
映画 飢餓海峡
映画 飢餓海峡 水上勉原作の飢餓海峡。 時代は戦争直後の北海道からスタート。火付け盗賊した3人は列車で函館へ向かう。台風の折り、青函連絡船が沈没。その救助活動の混乱の中、三人は小さい船を盗み、本土へ渡ろうとする。 火付け盗賊を追っていた刑事は、三人が本土へ渡ったと予想し、青森へと渡るが怪しい三人の足取りは掴めなかった。 その後で、本土へ渡れたのは一人だということがわかり、宿屋に泊まっていたこともわかるが、その先の足取りがプツンと切れた。 宿屋の女が何かを知っていると感じたが、女もそのあと、すぐに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 20:28
映画 キカイダーREBOOT
映画 キカイダーREBOOT キカイダーREBOOT ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/15 18:16
映画 細雪(1983)
映画 細雪(1983) 映画 細雪 1983年公開の市川崑監督。舞台は太平洋戦争前の大阪。落ちぶれ始めた名家の4姉妹を描く。主演 岸 惠子、佐久間 良子、吉永 小百合、古手川 祐子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/07 09:58
映画 カノジョは嘘を愛しすぎてる
映画 カノジョは嘘を愛しすぎてる 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」 原作は少女漫画。 音楽界の現実と、女子高生の芸能人へのあこがれ。それと、自分の才能が認められて・・・ 実は好きになった人は、その好きな芸能人(というか、バンドのプロデューサー)だった。 彼は彼女に対して言ったことは嘘も入っていた訳であるが、それさえも、というか、それを嘘と思っていないっていうのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/11 08:50
映画 弥勒
永瀬正敏主演の映画・弥勒 なかなか難解。戦後まもなく発刊された稲垣足穂原作ということで、言い回しが、悪く言えば古臭い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 10:14
映画 マノン
映画 マノン 烏丸せつこ主演の映画マノン(1981年)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/01 21:03
映画 利休にたずねよ
映画 利休にたずねよ 映画 利休にたずねよ。 織田信長から豊臣秀吉に仕えた(?)茶人の千利休の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 09:50
映画 清須会議
映画 清須会議 映画 清須会議 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 10:05
映画 そして父になる
映画 そして父になる 福山雅治主演の映画「そして父になる」。 子供取り違えで、お互いの家族がどうするかという話がベースだけど、タイトルの通り、福山雅治が演じる野々宮良太が父としてどう自覚するかというのがメイン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/05 20:47
映画 ジャズ大名
映画 ジャズ大名 1986年公開の映画ジャズ大名。 ときは幕末。現在の静岡にある藩は、幕府と薩長からもどっちにつくのか?と言われてたが、どっちつかずの態度を取っていた。 あるとき、アメリカから3人の黒人が流れ着いてきた。彼らは楽器を持っていた・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 22:23
映画 許されざる者(2013)
映画 許されざる者(2013) 映画 許されざる者。クリントイーストウッドが主演した映画の日本リメイク版 舞台を明治初期の北海道に変え。 幕府軍の闘士であった 十兵衛は、追っ手を次々と倒したが、その後アイヌの女性と出会い、人を殺めることをやめると誓う。そして10年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/10 20:32
映画 夏の終わり
映画 夏の終わり 瀬戸内寂聴原作の夏の終わり。 作家・小杉慎吾の2号さん(死語?w)として、東京にすんでいる相澤知子。慎吾か東京にいるときはしているが、知子は染め物の仕事をしている(内職的ではなくて、デザインから行っている) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 21:16
映画 一本刀土俵入り
長谷川伸原作の任侠もの、一本刀土俵入り 。 時代は江戸、舞台は取手(とって) 旅籠・我孫子屋にいた女・お蔦と、やくざもんがひと悶着。お蔦の機転でやくざもんは一回帰ろうとするがそこへのこのこ現れたもと相撲取り・茂兵衛。因縁付けられたが、先のお蔦によって助けられる。 相撲取りは身の上噺を女にする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 20:53
映画 暗闇から手をのばせ
映画 暗闇から手をのばせ 映画 暗闇から手を伸ばせ。障害者専門の性風俗に勤める女子・沙織が主人公。 お客がいて、こういう病気だよって説明するという展開。 病気も含め楽しんでいる中嶋、死と直面しながら諦観している水谷。事故で動けなくなって人生を諦めている若者・健司。 彼らの人生に少しずつ絡んでいく。 主人公の沙織も、普通の風俗に勤めていたときにストーカーにあっていて、それに遭遇してしまうという話もあったり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/02 11:09
映画 インターミッション
映画 インターミッション 映画インターミッション。3月に閉館された銀座シネパトスを舞台に、支配人を中心にいろんなお客がやってくる。そんな人たちのお話。 一貫して何かのストーリーがあるわけではなくて、だいたいはお客の細切れのストーリーが進んでいく。 おそらく監督が好きな映画をモチーフにしてのストーリーと、細かなセリフなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/25 21:20
映画 青春の蹉跌
萩原健一主演の青春の蹉跌 大学に通っていた賢一郎は、家庭教師をしていた。その生徒・登美子からスキーに誘われ、そのまま関係を持つ。 一方、援助してくれる叔父からは、将来を考えるようにと諭され、司法試験を受験し合格する。 叔父の娘・康子からは好意を持たれており、婚約へと進む。 登美子との関係は続いていたが、子供が出来たと告げられ、おろすように言う。しかし、彼女はおろさなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/24 20:43
映画 戦争と一人の女
映画 「戦争と一人の女」。坂口安吾の短編をベースにした、太平洋戦争終戦を中心にして一人の女と周りの男達の姿を描く。 洲崎「育ち」の女は食堂をやっていたが、食料事情の悪化もあり、店を閉めようと考えていた。そんな中、客の一人でもある作家との話から、彼の妻となる。 時代に辟易していた作家と女の暮らしが始まった。 体を求める日々ではあったが、洲崎育ちの女は感じることがなかった。 そして、空襲 。作家の家の近くで爆弾が落ちる。それまで諦めていた感じが急に家を守ってほしいという風に変わる女。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/20 20:41
映画 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
映画 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 大泉洋主演の探偵はBARにいるの第2弾。 今回は、探偵がよく行くお店で働いていたオカマのマサコちゃんが東京のテレビに出た後、サッポロに帰ってきた後に殺された。 犯人はなかなか捕まらなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/20 10:50
映画 その夜の侍
映画 その夜の侍 映画 その夜の侍 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 20:38
映画 ミロクローゼ
映画 ミロクローゼ 山田孝之が3役の映画ミロクローゼ。 愛というか女子をめぐるストーリー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/21 10:36
映画 月曜日のユカ(1964)
映画 月曜日のユカ(1964) 映画月曜日のユカ 横浜に暮らす若い女ユカ。「パパ」から与えられているアパートに住み、夜はホステス。でも、若い彼・修もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/02 20:52
映画 東京無印女子物語
映画 東京無印女子物語 映画 「東京無印女子物語」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/26 22:09
映画 四畳半青春硝子張り(1978)
映画 四畳半青春硝子張り(1978) 1976年公開の映画「四畳半青春硝子張り」 若いカップルである深志と文江。貧しいながらも若者らしい明るさがあった。 そんな中、深志が盛岡にいる頃、一晩を過ごした人妻である英子が上京していくる。 英子は深志の職場へ電話をかける・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/17 21:54
映画 綱引いちゃった
映画 綱引いちゃった 井上真央主演の「綱引いちゃった」 。県庁所在地の割りには地味な大分市を盛り上げようと、市の職員である千晶は女性綱引き大会のメンバーを募集するが、誰も集まらず(綱引きで世界大会を優勝したコスモレディーズというのがいるので、そこからのアイデア)。ちょうど、その頃、市の給食センターを閉鎖して民間に委託するという話が出てきた。 そこで千晶は、綱引きで九州大会で優勝すれば、給食センターの閉鎖をやめさせるという条件で、給食センターの人たちに話を持ちかける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/14 21:32
映画 ヘルタースケルター
映画 ヘルタースケルター 沢尻エリカ主演の「ヘルタースケルター」 。ヘルタースケルターの意味は、劇中での説明は「シッチャカメッチャカ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 10:27
黒蜥蜴(1968)
映画「黒蜥蜴」。 1968年公開で当時、丸山明宏だった美輪明宏が主演。 対抗する明智小五郎に木村功(知らん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/12 21:08
映画 からっ風野郎
映画 からっ風野郎 三島由紀夫主演の映画「からっ風野郎」 。公開は1960年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 20:53
源氏物語 千年の謎(映画)
源氏物語 千年の謎(映画) 映画「源氏物語 千年の謎」 源氏物語と作者の紫式部と藤原道長の話を絡めていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/26 22:23
恋の罪(映画)
恋の罪(映画) 映画「恋の罪 」 円山町で女性のバラバラ殺人死体が見つかった。被害者は誰か? その被害者とその周辺人物を追う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/26 22:20
たそがれ酒場(1955)
たそがれ酒場(1955) 1955年公開のたそがれ酒場。 東京にあると思われる、ある大衆酒場の開店前から閉店後までの姿をグランドホテル形式〜群像劇形式で描く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/06 21:44
映画 ツィゴイネルワイゼン
映画 ツィゴイネルワイゼン 映画「ツィゴイネルワイゼン」  中砂とその友人の青地の話。旅先で芸者・小稲に出会う。その後、中砂は小稲にそっくりな園と結婚する。 その途中で中砂と青地の妻が関係しているのか、していないのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/11 20:57
陽炎座
陽炎座 映画「陽炎座」。謎の女(品子)と男(松崎)が出会い、そこのことをパトロンの男(玉脇)に話すが、実は謎の女はパトロンの妻であった。 3度会うのは偶然でも4度目は恋に落ちる・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/11 20:55
切腹(1962)
切腹(1962) 1962年公開の映画「切腹」。仲代達矢主演。寛永7年、屋敷の庭先で切腹させてくれと言って、たかる浪人が増えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 21:02
ばかのハコ船
ばかのハコ船 山下敦弘監督の「ばかのハコ船」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/23 18:24
軽蔑(映画)
軽蔑(映画) 中上 健次原作の「軽蔑」を廣木隆一監督で映画化。 一彦 (高良健吾)と真知子( 鈴木杏)の二人が逃げる映画だと思っていたのよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/09 20:50
母娘監禁 牝(R18)
「母娘監禁 牝」は、女子高生がたまたまかけたテレクラで、会った男がいわゆる美人局で、じわじわと傷ついていく。母親に助けを求めたが、娘の解放する条件で、母親が犠牲になる・・・というありがちな話ですが(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/18 17:26
ラストキャバレー(R18)
映画「ラスト・キャバレー」(日活ロマンポルノ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/11 17:45
これでいいのだ  映画・赤塚不二夫
これでいいのだ  映画・赤塚不二夫 「これでいいのだ」映画・赤塚不二夫 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/27 16:51
海炭市叙景
海炭市叙景 函館出身の作家佐藤泰志の短編小説を映画化した「海炭市叙景」。 上映時間は2時間半と長めであるが、短編5編から構成されている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/29 22:07
野球狂の詩(1977年)
野球狂の詩(1977年) 木之内みどり主演の映画「野球狂の詩」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 22:25
バージンブルース(1974)
バージンブルース(1974) 1974年公開の映画「バージンブルース」 藤田敏八監督、秋吉久美子主演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 16:29
帰らざる日々
帰らざる日々 1978年公開の「帰らざる日々」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/07 11:41
花とアリス
花とアリス 2004年公開、岩井俊二監督の「花とアリス」 主演は荒井花(花): 鈴木杏、有栖川徹子(アリス): 蒼井優 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/08 22:10
RAILWAYS
映画の「RAILWAYS」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 10:01
海の情事に賭けろ
1960年公開の赤木圭一郎主演のアクション映画「海の情事に賭けろ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 16:10
あんにょん由美香
あんにょん由美香 「あんにょん由美香」 2005年に急逝したAV女優・林由美香を取り巻いた人たちのドキュメンタリー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/02 22:11
私をスキーに連れてって
私をスキーに連れてって ホイチョイプロダクション3部作(?)の1つ1987年公開の「私をスキーに連れてって」 公開されたときが対象年齢(笑)だったので、スキーとユーミンの歌がはやっていたのはよく知っている。でも、私は踊らなかったけどね(爆) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 22:13
ハレンチ学園(1970年映画)
ハレンチ学園(1970年映画) 1970年公開の映画「ハレンチ学園」 永井豪の漫画が原作なのは周知の通り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/31 21:14
蒲田行進曲
蒲田行進曲 1982年公開の映画・蒲田行進曲。 「新撰組」の撮影のさなか、主人公・土方を演じる銀ちゃん、銀ちゃんの子分のような大部屋俳優のヤス、銀ちゃんの元・恋人でヤスと結婚することになる小夏。この3人が中心になって繰り広げる物語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/30 20:36
デトロイトメタルシティ(映画)
漫画原作で松山ケンイチが自分の才能に気がつかない青年を描くギャグ映画「デトロイトメタルシティ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 11:13
眠狂四郎 魔性剣
市川雷蔵主演の眠狂四郎シリーズの六作目。 1965年公開ですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/14 22:50
空気人形
映画・「空気人形」 空気人形というとお上品ですが、要はダッチワイフですな。そのダッチワイフが心を持ってしまって、どうなるか?っていう話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/14 22:28
あした晴れるか
1960年公開の石原裕次郎主演の青春映画かな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/08 21:32
火天の城
映画・火天の城 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/02 20:17
錆びた鎖
1960年公開の赤木圭一郎主演の映画「錆びた鎖」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/29 10:55
ちゃんと伝える
exileのパフォーマーAKIRAが主演の「ちゃんと伝える」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 09:25
山形スクリーム(舞台挨拶付き)
映画・山形スクリーム。舞台挨拶に行っていたので、その分も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 19:59
八甲田山
1977年公開の日本映画「八甲田山」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 21:17
義経記
義経記の現代語翻訳版。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 21:42
若親分兇状旅
市川雷蔵主演の若親分シリーズの第7弾「若親分凶状旅」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/16 20:37
群青(映画)
長澤まさみ主演の映画「群青」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/14 22:17
ちくま日本文学全集 織田作之助
太平洋戦争直後くらいまでが活動期間の作家・織田作之助の短編集。 収められているのは「馬地獄」「夫婦善哉」「勧善懲悪」「木の都」「蛍」「ニコ狆先生」「猿飛佐助」「アド・バルーン」「競馬」「世相」「可能性の文学」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 10:51
夜のバラを消せ
1966年公開の石原裕次郎主演のアクション映画。 柴田錬三郎原作らしいですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/07 20:34
剱岳
映画「剱岳」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 22:10
斜陽(映画)
サトエリ主演の映画「斜陽」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/25 23:41
ハゲタカ(映画)
テレビドラマでも放送していた「ハゲタカ」の映画版 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/22 09:22
ガマの油
役所広司第一回監督作品である「ガマの油」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/18 21:28
ダーティぺアの大復活
高千穂遥作のダーティペアシリーズの第5弾「ダーティーペアの大復活」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/23 19:50
GOEMON
江口洋介主演の「GOEMON」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/20 21:32
新宿インシデント
ジャッキー・チェン主演の日本を舞台にした映画「新宿インシデント」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 22:09
レインフォール 雨の牙
レイン・フォール 雨の牙は椎名桔平主演のサスペンス映画 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 11:27
大魔神逆襲
1966年制作の大魔神シリーズ第3弾の「大魔神逆襲」 逆襲のタイトルはついているものの、前作とはまったく関係がなく、なんとなくつけたのかしら?みたいな(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 18:50
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇
紅蓮篇を見てから約半年開いたわけですが、いい塩梅にストーリーとしては二つに分かれているので多少前のストーリーを忘れていても問題なし。 冒頭で紅蓮篇の続きをさらっと(前半の敵である螺旋王・ロージェノムを倒すという部分)。ロージェノムを倒すことで地下に押しやられていた人類が地上で生活を始め街を作る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 22:52
男の怒りをぶちまけろ
1960年制作、赤木圭一郎主演のアクション映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/22 20:40
大魔神怒る
「大魔神怒る」は1966年公開の時代劇特撮。大魔神シリーズとしては2作目なのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/20 09:51
紅い白描
松本清張の商業美術の世界を舞台にした小説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/17 20:37
美貌の女帝
永井路子作の「美貌の女帝」。 奈良時代の女帝・元正天皇の若き頃から晩年までを描いた歴史小説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/03 21:04
風の琴
辻邦夫の24の絵画をモチーフにした短編集。 前半12編は肖像画をもとに、その人物からイメージされるストーリーを構築。 後半12編は風景画を元に、その風景に旅するイメージでストーリーを構築。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/23 20:06
世界で一番美しい夜
ヨコハマ映画祭で新人賞を取った月船さららが主演していた「世界で一番美しい夜」を見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 20:45
ゼラチンシルバーラブ
永瀬正敏と宮沢りえが主演の映画。 永瀬は写真家ではあるが、仕事で宮沢が演じる謎の女の家を24時間ビデオで撮影している。 一週間ごとに依頼主にビデオを渡すのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/13 22:40
茨の木
さだまさしの書き下ろしの小説「茨の木」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 12:28
悉皆屋 康吉
舟橋聖一の作品。タイトルそのまま。時代的は大正末期から昭和10年代後半(戦争に入るころ)まで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/05 20:50
赤い谷間の決闘
まるでウェスタンのタイトルですが、65年制作の石原裕次郎主演の映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 21:56
次郎長三国志
村上元三の「次郎長三国志」 いわゆる清水の次郎長の話。ストーリーとしては、三下奴の時代から名を上げて、亡くなったあと講談で有名になるまでって感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 09:09
夜の牙
1958(S33)年公開、石原裕次郎主演の映画。 街医者の杉浦は、子分の三太のために、自分の戸籍謄本を取りに行く。 ところが、自分は2年前に死んだことになっており、伊豆のおじの遺産が弟に相続されていたこともわかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 20:18
霧笛/花火の街
大佛次郎の明治初期(?)を舞台にした中篇2編 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 20:20
人間の証明(本)
77年に公開された映画「人間の証明」の原作。テレビドラマにも何回かなっていますね。 自分の世代だと映画の宣伝の「僕のあの帽子・・」が耳に残っていますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 09:21
恋の都
三島由紀夫の1954年に雑誌で連載された小説。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 10:53
センセイの鞄
「居酒屋シリーズ」の太田和彦さんの本のあとがきを書かれていたのが、作者の川上弘美さん。ちょいと検索したら「センセイの鞄」を書いた人ね〜と思いつつ。 ドラマ化されたときに、タイトルは頭に入ったんだけど、本も読んでいないし、ドラマも見てなかったのだよね(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 20:26
変われる国・日本へ
TRONを開発した坂村健さん著作の本。サブタイトルはイノベート・ニッポン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 10:19
銀河鉄道999 エターナルファンタジー
98年に公開された銀河鉄道999の続編。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 15:21
さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅
81年公開のいわずと知れた松本零士原作のアニメ。 ゴダイゴのヒット曲で有名な映画から約2年後の設定とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 12:13
堂堂たる人生
1961年公開の石原裕次郎主演の映画。原作は源氏鶏太。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 22:33
私、違っているかしら
「私、違っているかしら」は吉永小百合主演の66年公開の映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 21:24
岡本喜八監督、三船敏郎主演の時代劇。1965年公開。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 20:59
エーゲ海に捧ぐ
版画家であった池田満寿夫が芥川賞を書くとしたタイトル作品の他、2作「ミルク色のオレンジ」「テーブルの下の婚礼」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 20:55
明日は明日の風が吹く
1958年公開の石原裕次郎主演の映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/28 21:30
戦国無頼
1952年公開の三船敏郎主演の邦画。戦国時代、浅井長政の小谷城が落ちたときに、落ち武者となった三人の武士。それぞれの運命を生き延びながら、偶然にも三人はまた出会う・・・ 二人の女性を介在して。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 20:26
内田百
作家の名前やんけ・・・って事じゃなくて。 「ちくま日本文学全集」の内田百閧ニいうことで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/12 20:58
チャイナイリュージョン
田中芳樹の中国を舞台にした短編と対談を載せたもの 短編は、宛城の少女、匹夫の勇、騎豹女侠、茶王一代記、張訓出世譚、潮音、風梢将軍 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/07 21:22
戦国の忍び
司馬遼太郎の「忍者」ものの短編を集めたもの。 入っている作品は以下の通り ・下請忍者 ・忍者四貫目の死 ・伊賀者 ・伊賀の四鬼 ・最後の伊賀者 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 21:17
砂の上の植物群
S38年に発表された吉行淳之介の作品。 中年サラリーマンが、偶然ハイティーンの女と出会う。それをきっかけにその姉と性的交渉を持つようになる。 なんて書くと、今で言うところの渡辺淳一みたいだね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 11:03
霧笛が俺を呼んでいる
和製ジェームス・ディーンと呼ばれた赤木圭一郎主演の1960年公開の映画。このブログでも取り上げた「第三の男」を今風に言えばリスペクトして制作されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/15 09:30
黒い海峡
1964年公開、石原裕次郎主演の映画。(テーマはDVDにしておきますが、DVDは出ていないようです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 21:11
銀座の恋の物語
歌はあまりにも有名。ですが、僕らの年代だとストーリーはさっぱり知らず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 21:55
リラ冷えの街
渡辺淳一の70年に北海道新聞で連載されていた小説。話の内容とは別に「リラ冷え」という言葉が定着しているらしい。 リラとはライラックのこと。(鉄道系の人にとってはライラックの方がぴんと来る(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 22:41
もっとしなやかに もっとしたたかに
79年の日活の映画。藤田敏八監督、森下愛子、 奥田瑛二主演。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 10:12
大菩薩峠(1966)
原作の小説をはじめ、映画化も何回かされている「大菩薩峠」だけど、見たのは1966年公開、仲代達矢主演、岡本喜八監督のもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 16:35
エスカフローネ
テレビではなく劇場映画版の方。 一応、両方見ていますけどね。 映画館でもちゃんと見たんだけど、7年もすると忘れているなぁ・・・(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 22:57
傷痕の街
生島治郎のデビュー作である「傷痕の街」 僕の世代だと、「片翼だけの天使」の作者というイメージ。あと週刊プレイボーイか平凡パンチかどちらで人生相談的な連載物を持っていたと記憶する。 まぁ、生島治郎自体は僕の親の世代になるかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 21:31

トップへ | みんなの「日本」ブログ

Show the ショウ 日本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる