Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダムユニコーンepisode7

<<   作成日時 : 2014/09/23 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガンダムユニコーンエピソード7というか、最終エピソード。
本編の前に、百年の孤独(焼酎じゃないよw)

ビスト財団の創始者であり、ラプラスの箱の秘密を握るというか秘密にしていることで、権力を握ったサイアム・ビスト。秘密を握ってから100年経って、真実を明かすタイミングを待っていた・・・というのが百年の孤独。 

で、本編開始。
バナージとリディ・マーセナスの戦いと関係。マリーダの死によるニュータイプとしてのめざめ。ミネバとバナージがラプラスの箱の謎に望む。
フル・フロンタルとの最終決戦。

希望はあまり感じられないけれども安穏な世界か、どうころぶかわからないが人々の可能性を信じる世界か・・・という選択。
どっちかしかないっていうのも無いのかなとも思ってみたり。

「ニュータイプ」の想念を出していて、ガンダムというよりはイデオンか?とも思ってみたり(^^;
で、従来の富野ガンダムだと、きっと希望はあっても絶望感というのが大きくて。主人公が生き残っても、良かったな感はあまり感じられないのだけども。
UCは原作が富野じゃなくて福井晴敏だから、その辺って違うのよね。

リディがバナージに対してのライバル視というか「お前さえいなければ」的なのは、今までのシリーズでもあったのだけど、バナージとリディが分かり合えるというパターンは初めて。
バナージもミネバの元に戻るしな・・・

ところで、アルベルト・ビストの最後の方の爽やかな顔。あれは良い演出ですなぁ。

で、結論はミネバ様ぁ〜。姫様は可愛くないといけない(美人でないといけない)のであった(笑)



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
機動戦士ガンダムユニコーンepisode7 Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる