Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 利休にたずねよ

<<   作成日時 : 2014/05/31 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画 利休にたずねよ。
織田信長から豊臣秀吉に仕えた(?)茶人の千利休の話。

切腹を命じられたところからはじまり、そこから時がさかのぼって織田信長との出会い、そして豊臣秀吉との関係への描写される。
基本的に美を追求する千利休。
「美」を基本にして色々ものを申す千利休に対して、武人たちが追随したりするのだけど、だんだんそれに対して、秀吉が嫉妬しはじめる。
それによって、最終的には切腹を命じる・・・・ところまで行ってしまう。

ここまでだと、単に歴史を追うだけなので、ふうんそうなのと思ったりするのだけど。

最終盤で利休の若かりし頃の話が出てくる。
いろいろな女に夢中だった利休であるが、あるとき自分の師匠のところに売られてきた朝鮮の女に夢中になる。
朝鮮のことを知っている沖縄の男から、朝鮮料理や言葉を習い、彼女に近づき、信頼を得る。そして、彼女を逃がそうとして一緒に出奔するが・・・

しかし、彼女を朝鮮へ帰せないことがわかると、一緒に死のうとするが、結局、自分は死ぬことができなかった。彼女が死ぬ間際に残した言葉は・・・


結局、この事件をきっかけにして、美以外のことに興味がいかなくなり、出家スタイルにもなるわけで。
利休が美の道を追うということになったかという一つの解釈を提示している。

これがこの映画の一番のポイントだと思うんだよな。これがないと単に歴史を追っているだけでつまんなくちゃっちゃうし。

千利休に市川海老蔵。妻の宗恩に中谷美紀。あれ?清州会議では、秀吉の妻・ねね役だったよな(^^; 上映が近い映画で、しかも時代がかぶっているので、こういうキャストはなかなか笑える。

妻を取られたから、切腹か(ぉぃ

で、千利休の師匠・武野紹鴎役に、海老蔵の父である市川團十郎が特別出演。これが最後の親子共演だったんだな。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 利休にたずねよ コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 利休にたずねよ Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる