Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 キャプテンハーロック

<<   作成日時 : 2014/01/25 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画キャブテンハーロック
宇宙大航海時代を終焉を迎え、人類は地球に帰ることを希望していた。しかし、銀河に散った人類は5000億。そこで、地球を聖域化するガイアサンクションが出来、地球は永遠の憧れとなった。
そんなとき、ガイアサンクションに反旗を翻す海賊の集団がいた。その海賊の名はキャブテンハーロック。

ハーロックは仲間と共に、銀河のあちこちにある時の結び目と言われる地点に次元振動弾をしかけ、同時に起動させることで、タイムスケープを戻し、「最初」からやりなおそうとしていた


ガイアサンクションから、ハーロックの元へスパイであるヤマが送り込まれた。ハーロックはわかっていながらも、それを仲間として受け入れる。スパイであるヤマも、色々な呪縛があったのだった。

信念に基づいて自由の戦いというスタンスは他のハーロック作品と同じではあるが、過去の間違いの呪縛があるというのは、他とは違うかな。スパイに入るヤマやこの兄であるガイアサンクションの司令官イソラも過去に囚われている訳で。
登場人物が過去からの自由を目指しているわけだ。

ガイアサンクションの上層部は、いわゆる宗教的になっていて、直接の絡みがないだけにちょっと表層的だったかな。

まぁあぁストーリーは悪いわけではなかったが、やっぱりCGがねー。モーションキャプチャーなんだけど、冒頭の動きがカクカクしているところで、もうだめ。リアル系で作るのはまだまだですな。

あとは、ハーロックを小栗旬がやったのだけど、無理くり低く声を出している感じなので、あわねーな、残念ながら。

ミーメは蒼井優だったのだけど、これはまぁまぁ良かったかも。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャプテンハーロック 完全初回限定生産 特別装飾版Blu-ray 3枚組 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 キャプテンハーロック Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる