Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ルビー・スパークス

<<   作成日時 : 2013/11/17 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画ルビー・スパークス。 天才作家と言われたカルヴィンはなかなか2作目がかけずにいた。恋人とも別れ、メンタルクリニックにも通っていた。
セラピストから書いてみればと言われ、ルビーという女の子の話を書き始める。
そして、あるとき、彼女が現実に部屋にいた!

最初は幻覚かと思ったら、本当にいることがわかり、さぁ大変。
自分の好みのルビーで、仲良く暮らし始めるが


日本のアニメなんかでありそうなネタでは、あるよね。場合によるともうちょっとかもしれない。
好みなんだから、いくらでもどうにかできるだろ?となっちゃうと話にならないので。
自分の考えを持っているという設定だったりするようなので、途中でうまくいかなくなったり。それは、作家本人の性格にもよっているみたいだけどなぁ。

どういう結末に持って行くかと思ったけど、自分の好きなようにするのは、ルビーに悪いと思うようになるんだね。結果、「解放」してやることに。

話として、自分の好みを書いていくのは簡単そうだけど、実は実体化したときの性格というか行動の現れ方を規定するのは難しいだろうなぁと思いつつ。
映画の中では、俺なしには生きられないなんて書いたら、ずっと一緒でうっとうしくなっているのが笑えたし。

脚本はルビーを演じたゾーイ・カザン。


ルビー・スパークス [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-10-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルビー・スパークス [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 ルビー・スパークス Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる