Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 東ベルリンから来た女

<<   作成日時 : 2013/10/21 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画 東ベルリンから来た女。舞台は東西分裂中の東ドイツの地方都市のある病院。

主に子供のいろんな部分を看ている男性医者が主役の1人。そして、東ベルリンから女医がやってくる。ベルリンから「飛ばされて」来たということで、色々な事情が伺える。彼女がもう一人の主役。

付き合っている彼が国外にいて、たまに東ドイツにやってくる。
しかし、国内で会うのは違法のため、秘密裏に会う。また、彼女は彼のつてを使って国外脱出をしようとしていた。

そういうのもあり、いわゆる当局からもにらまれていた。

ある日、近くの作業所から少女が脱走。怪我等もしていることもあり、病院で保護。
女医はその少女と仲良くなるが、体調が戻ると少女は再び作業所に連れ戻される・・・

そして、国外脱出ができる機会が訪れた。

しかし、自分が見つけた、脳に障害を追った青年の手術が重なった・・・
それでも、脱出を試みようと内緒で家を出ようとする

そこへ、件の作業所から脱走した少女が。また、脱走して女医のところへやってきたのだ。どうするのか・・・


ドイツ分裂当時の特殊な事情、もちろん西側ではなくて東側の方で。
仕事はできるが思ったとおりに生きれるか、そして選択。

最後の彼女の選択というのが、自分ではなく少女の自由を選択させた・・・
でも、荒波の中へ押し出された少女は本当に「自由」の中で生きられるのか?
小さな船で、漕ぎ手の他に1人しか乗れない船。本当は少女に付いて行ってやりたかったのが、ちょっとした動作で表される。

小さな船(ボート)を収容する大きな船は映画では出てこない・・・

うーーむ。

女医が戻ってきて。
件の医者は「失踪して戻ってこない」と思っていたし、元々目をつけられていたことも知っていたので。
でも、彼女が戻ってきて、何もいわずに笑顔で迎えた・・・というのも印象的。

なんか、自由の方が大変なんだよな・・・的な。


東ベルリンから来た女 [DVD]
アルバトロス
2013-07-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東ベルリンから来た女 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 東ベルリンから来た女 Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる