Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ジャッキーコーガン

<<   作成日時 : 2013/07/17 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラッド・ピット主演の映画ジャッキーコーガン

アングラの賭場で強盗事件を起こそうと画策するジョニー。知り合いのフランキーにその仕事を紹介するものの、素人には無理だろうと思っていた。
フランキーは友人のラッセルとともに、仕事をやらせてくれとジョニーに言う。
ジョニーは2人に状況を説明する。

フランキーとラッセルは仕事を成功させる・・・

賭場を管理していた「組織」は真犯人を探し出すことを、ディロン経由でジャッキーに依頼する。
ジャッキーは、賭場を仕切っていたマーキーを人を使って襲わせる。マーキーは以前に自分が仕切っていた賭場で、人を使って襲わせ金を取っていたことがあったからだ。

そんなおり、ヤク漬けのラッセルが、事件のことを話してしまい、そこから真相が明らかになる。

ジャッキーはジョニーを知っているため、同じ殺し屋のミッキーに殺しを依頼するが、酒漬けと女漬けがミッキーは仕事ができそうにないことがわかる。
ジャッキーは自分で殺しを遂行する。

示しをつけるため、まずはマーキーを殺害。次にフランキーを脅しして、ジョニーを殺害、その直前にフランキーを殺害・・・



主役がジャッキーコーガンだと思っていると、肩透かしというか。途中まで出てこないし。当初は事件をおこしたフランキーを中心に話がまわっていく。で、話のテンポが悪いし。
ラッセルがヤク漬けだというのを表現するのも、冗長すぎてイマイチだし。

舞台設定がオバマ政権に代わる所で、その直前のニュース等の音声をバックで流すんだけど、これの意図が全くわからない。一回くらいなら、意味が無いと思うんだけど、何回も流すとね。なんかしらの意図があるんだろ?
で、最後にオバマの共同体発言を受けて、ジャッキーが「何いってんだ。アメリカはビジネスだ」と言って、殺した分の金は払えという結末。

この結末だけだけかな、面白かったというか。


ブラピって結構仕事選んでないよなー(笑)

いや、キャラクターはまぁそこそこいいんだけど、脚本がな。ハハハ



ジャッキー・コーガン [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2013-10-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャッキー・コーガン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 ジャッキーコーガン Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる