Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 殺しの烙印

<<   作成日時 : 2013/06/08 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1967年制作、鈴木清順監督、宍戸錠主演の「殺しの烙印」

殺し屋ナンバー3の花田は、ランク外に落ちた春日と一緒にある人物を護送する。
殺し屋が狙ってくるが、春日はやられてしまうが、花田は仕事を完遂する。

謎の女・美沙子から、ある殺人を依頼されるが、花田は失敗してしまう。
それをきっかけにして、花田は命を狙われるようになる。
そして、花田の前に、NO.1殺し屋が現れる・・・


前半までは、そこそこわかりやすい展開だったのだけど、後半のNo.1殺し屋の言動とかがよくわからなくなって。
単純な対決ではなくて、よくわからないような対決というか、焦らしに焦らしてみたいな。
それに、花田の妻や美沙子との関係も変だしなぁ。

この作品で、鈴木清順が日活から首を言い渡されたらしいのだけど。その理由が「わけがわからん」から(笑)
首にしたことはともかくとして、わけがわからん・・・っていうのは納得(^^;

とは言え、全編モノクロームで、エロティックさもあり、映像としてはなかなかいいのよね。


さて、こちらも円谷関係(ウルトラセブンのクラタ隊長)ではおなじみの南廣が登場。ランク外に落ちた殺し屋役。ランク外に落ちて酒に溺れている感じがまた、いいよな。

そうそう、謎の女・美沙子は真理アンヌ。こちらもウルトラマンの科特隊のインド支部隊員で登場してましたね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 殺しの烙印 Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる