Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ロック・オブ・エイジズ

<<   作成日時 : 2012/12/08 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロックミュージカルの映画「ロック・オブ・エイジス」。舞台は1987年のロスアンゼルス。
オクラホマから出てきた若い女性キャシーがLAに出てきて、ロックのライブハウスで働いてた若者ドリューに出会う。2人は恋に落ちる。
そのライブハウスに伝説のロックバンド・アーセナルがライブを行う。そのボーカルは悪名高い・ステイシー・ジャックス。
ステイシーとキャシーが一緒にいた事を、ドリューは勘違いして、2人は別れてしまう。

一方、ステイシーは自分が何者か悩みつつ、酒と女に溺れていたのだった・・・。

LAの新市長の妻は、ロックを敵視し、ライブハウスの前で反対行動を取っていた。実は彼女とステイシーの間にも浅からぬ因縁が・・・。


80年代に流行ったポップスやロックのナンバーをミュージカル・ナンバーとし展開。前にもアバのナンバーをミュージカルにした作品がありましたが、あのパターンですね。
予告編では、トム・クルーズが主演のような感じだったのだけど、重要な役どころではあるけれども、主役ではないですね。日本向けにはトム・クルーズを前面に出したほうが良いという判断なんでしょうけど、使っていた曲のラインナップとしては40代〜50代初頭向けなので、ちょっとプロモーション的には合っていないような気もしないでもない。

曲はこんな感じで(サントラの曲名からコピー)


1. パラダイス・シティ
2. シスター・クリスチャン/まるっきりパラダイス/ナッシン・バット・ア・グッド・タイム
3. ジューク・ボックス・ヒーロー/アイ・ラヴ・ロックン・ロール
4. 強気で愛して
5. ガール・ライク・ユー
6. モア・ザン・ワーズ/ヘヴン
7. ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ
8. アイ・ウォナ・ノウ
9. アイ・ワナ・ロック
10. シュガー・オン・ミー
11. ミスティ・ハート
12. シャドウ・オブ・ザ・ナイト/ミスティ・ハート
13. ヒア・アイ・ゴー・アゲイン
14. 涙のフィーリング
15. お気に召すまま
16. アンダーカヴァー・ラヴ
17. エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン
18. ハリケーン
19. シスコはロック・シティ/ウィア・ノット・ゴナ・テイク・イット
20. ドント・ストップ・ビリーヴィン
21. シュガー・オン・ミー (シンガロング・インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
22. お気に召すまま (シンガロング・インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
23. シスコはロック・シティ/ウィア・ノット・ゴナ・テイク・イット (シンガロング・インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
24. ドント・ストップ・ビリーヴィン (シンガロング・インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)

だいたい7〜8割くらいは歌える?
ドント・ストップ・ビリーヴィンはグリーでも使われていたし、あちこちで使われている感があるね〜

「涙のフィーリング」とか使われ方が面白すぎ。

元々は舞台。アメリカのミュージカルを日本のキャストで上演するというパターンはあるのだけど、これはどうかな?
できそうにないかな?と思っていたんだけど、ステイシー・ジャックス役できそうなのは結構いるか。主演じゃないけど、ここは結構ポイントではあるので。

ロッケンロール!


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 ロック・オブ・エイジズ Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる