Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ドラゴンと怒りの未亡人軍団

<<   作成日時 : 2012/12/02 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジャッキー・チェン制作の「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」
中国・宋の時代。国境を守っていた楊宗保だが、敵の大群に敗退する。全滅の知らせが楊の家へ知らされる。
楊家は代々の武家の家。宋を守ってきた自負もある。
そして、楊家に皇帝からさらなる勅命が下る。寡兵で敵をやぶれと。

楊家にはすでに男子は宗保の息子・文広しかいなかったが、勅命とあれば戦地に赴くしか無い。
そこで、楊家の未亡人達が立ち上がる・・・。


未亡人軍団が敵に立ち向かうという本筋があって、楊宗保と妻の穆桂英の馴れ初めが各所に挿入される。

これ、中国の話しに詳しい人なら宋の時代の楊家の話かというのがピンと来るはず。有名なところでは、楊家将演義があって、その主役の楊業の孫というのが宗保。なので、実在の人物とされるわけだが、楊家将演義では楊業の息子達が沢山いたが外敵との闘いで、どんどん死んでいく。
この辺のモチーフを借りていると思われて、楊家の娘たちがいっぱい出てくるのだが、この作品の中でたおれていく。

それぞれに得意な武器があって、破天荒な戦術(普通の戦術でも、映像的に面白くしている場合も)があって、味方がどんどんたおれていくにも関わらず、面白いのよね。


ジャッキー・チェンがとんでも映画作ったということと、中国のラジー賞にあたる賞も取っているのだが、見る価値なしではなくて、エンターテインメントとして何も考えずに見るのが正解。

ちなみに女性が闘いに赴くのは、あまり日本では考えられないが、中国の武侠小説ではやたらと強い女性が出てくるし、別におかしくはないのよね。

楊二娘役が日本人の大島由香里(って知らんw)

ウィキの中文では、得意の武器の一覧が載っているのだが・・・。



楊家女将伝 ~女ドラゴンと怒りの未亡人軍団~ [DVD]
Happinet(SB)(D)
2012-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楊家女将伝 ~女ドラゴンと怒りの未亡人軍団~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 ドラゴンと怒りの未亡人軍団 Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる