Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 コロンビアーナ

<<   作成日時 : 2012/11/21 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「コロンビアーナ」 。脚本リュック・ベンソン、主演ゾーイ・ソルダナ。 コロンビアで、ギャングのファミリーから抜けだそうとした両親は目の前で殺されたカトレヤ。殺される前に父親からは、ある物を渡され、自力でシカゴに行けという。
ギャングの手を逃れたカトレヤは「ある物」を使いアメリカ総領事館へ向かい、アメリカへ渡る。
シカゴには彼女の叔父が住んでいた。

カトレヤは叔父に自分を殺し屋にしてくれと頼む・・・・

十数年後、彼女は殺し屋になっていた。いつか、両親の復讐をするために、殺人現場にはカトレヤの絵を残してきた。その手口と連続殺人を調べるためFBIが動く。そして、CIAも・・・

CIAの担当はファミリーと結びついており、ファミリーもカトレヤの跡を追う。

ファミリーはカトレヤの関係者を殺していく。そして叔父たちが犠牲になる。カトレヤはFBIの捜査員を逆に脅して、CIAのエージェントからファミリーのアメリカの移住先を突き止める。カトレヤの復讐が始まる・・・



とにかく、カトレヤを演じたゾーイのかっこ良さというのが売り。彼女がスレンダーなので、力強さというよりはしなやかさの方を感じる。
心理を読み、殺し方や潜入方法も多彩。

恋人といるシーンもあるんだけど、お色気とか甘さをあまり感じないし、両親を殺されて復讐する事に対しても、何というか可哀想という感じを抱かせない。クールに事を進めていく感じにも思えるな。

泣いていたのも叔父たちが殺された跡を見た時くらいで。


ところで、ある物というのは彼女のパスポート代わりになるもので、何かのデータだったんだけど、これは特に明らかにされず。
それをCIAのエージェントが見て、ギャングを牛耳っていたのかもしれないけどね。



コロンビアーナ [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2013-02-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コロンビアーナ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 コロンビアーナ Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる