Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 最強のふたり

<<   作成日時 : 2012/11/15 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「最強のふたり」 。大富豪であるフィリップは首から下が不髄である。住み込みで介護をしてくれる人を募集していた。色んな人が応募してくる中で、黒人のドリスは「俺を不合格にして、この就職活動証明書にサインしてくれ」という。
就職活動証明書があれば失業保険が貰えるからという。

フィリップは「サインをしよう。明日の朝に来い」と言った。

ドリスはサインをもらいにやってきたが、それは不合格ではなく採用のサイン。まずは試験的に雇うことに。
ドリスは介護の仕事は未経験ながら、フィリップを障害者として扱うことはなかった。ましてや、金持ち相手だからといって卑屈になることもなく。

フィリップの友人が、ドリスの出自を調べて忠告するが、フィリップは「彼は私を障害者として扱わない。電話がかかってきたときも、手を伸ばして渡そうとするだけだ。私が動けないことを忘れていたのだ」(これはいい意味で)

大富豪でハイソな世界にいるフィリップ。一方、ドリスはハーレムに住んでいて、住む世界が違っていたが、いい意味での遠慮がない話や付き合いをするうちに、お互いに影響をうけつつあった。

あるとき、ドリスの弟がやってきて「助け」を求めてきた。フィリップはドリスや弟の事の話を聞き、ドリスに対し「弟の教育が必要だろ?(これもドリスがフィリップの娘のことを言った言葉を受けている) 介護の仕事は君の一生の仕事ではない」という。
ドリスはフィリップの元を去る。

フィリップには新しい介護人がつくが、看護人はフィリップを「病人」扱いをして、フィリップは不満が募っていく。
あるとき、それを見かねたフィリップの助手・イヴォンヌはドリスを呼び、彼はフィリップを車に乗せ遠出する・・・その遠出先は・・・



とにかく、この二人の会話が面白い。大人な会話だし、いい意味で容赦がない。最初に冗談通じないのか?みたいな事をドリスが言うわけだが、それを後でフィリップがドリスに返しているし。
フィリップはクラシックや絵画に造詣が深く、現代アートが飾られている所にドリスも連れて行くのだが、ドリスは「このペンキをぶちまけた絵は?こんなの俺でも描ける」と堂々と言う。で、実際にドリスは絵を描いてみるのだ。
フィリップは密かに鑑定家に見せて、それなりの価値があり絵を売ることにも成功する(お金はドリスに渡される)。
大人の男が行くような場所には、ドリスがフィリップを連れて行ったりする。


違う世界を持った二人がケミストリーを産んでいくという過程も非常に面白い。

障害者に対する行動として象徴的なのは、外出する際に車に乗って行くのだが、車椅子なので専用のバンみたいものに今までは乗せていた。ところが、ドリスがその車を見て「荷物を載せるようでイヤだ」と断る。
で、すぐそばにあったスポーツカーを見て「これはダメなのか?」「実用的じゃない」「実用的?」

ドリスはフィリップを車椅子から降ろし、自らフィリップを運んで車の助手席に乗せる・・・・

フィリップは事故で不髄になったということもあってか、障害者扱いされるのがイヤなのだ。で、ドリスだけが普通に接してくれる・・・。

そうそう、最後の方で、フィリップのあごひげが伸びて、ドリスが剃ろうとするのだけど(ここで、フィリップは結構絶望している感じで、カミソリで喉をかっ切れなんて言う)。ドリスは華麗にスルーして、ヒゲを剃っていくのだけど、途中途中で遊ぶんだな。フランスの政治家に似ている(なんて言われても分からないがw)とかやっていたり。で、最後にちょび髭を残す。これがまたパリを占領した独裁者に似せていて。フィリップは「これは笑えん」とか言うんだけど、ドリスはお構いなしに、フィリップをおもちゃにする・・・ま、こういうところも、容赦がないのよね。


日本だと、この手の話を作るとお涙頂戴なことにしそうだけど、この映画はそんなことはなく。わざとらしいところはなく、エスプリが効いているし。最後の方で、ドリスがフィリップに内緒でデートをお膳立てするのだが、それも感動はするけど、泣くんじゃなくて「やるな」って感じの笑い。
デートを楽しめよっていうドリスの笑顔も素敵。

私は今年最強の映画としたい。


実話をもとにしているとのこと。
それからハリウッドリメイクが決まっているとか・・・え?これ以上どうしろと。まぁ、せいぜい台詞を英語にするのと(笑)、笑いのネタをアメリカンにする位だよな。

ちなみ9月1から公開で、まだ上映中のロングヒット。「最強」の名にふさわしい作品。
たしか、フランス語映画では日本で史上最高のヒットになったとかって、どこかに書いてあったような・・・。



Intouchables
Ais
2012-03-20
Soundtrack
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Intouchables の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 最強のふたり Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる