Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ジョン・カーター

<<   作成日時 : 2012/08/25 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「30seconds to mars」っていう私がそこそこ好きなバンドがありますが、昨日見た映画は「ジョン・カーター」。ひょんなことで火星に飛ばされるカーターが、火星でヒーローになるという話。

カーターは南北戦争に嫌気がさし、宝探しをしていた。宝探しの途中で北軍に捕まりアパッチにも追われるが、偶然伝説の蜘蛛の絵が書かれた黄金の洞窟を見つける。しかし、そこには先客が。

「先客」が持っていたメダルの力によって、見知らぬ世界へ飛ばされる。うまく歩けないし(やたらと遠くへジャンプできるようになる)、6本足の生命体(サーク族)がいた。
捕まって怪しい飲み物を飲まされると、次の日には言葉がわかるようになっていた。

ある時、空をとぶ機械がサーク族の上を飛び、そこで戦いが始まった。カーターはそこに「人間」がいることを発見。女性を助けてそこから自分がいるとこが火星だということがわかる。

女性は「赤色」人種のヘリウムと言う国の王女・デジャー・ソリスという。ヘリウムはゾダンガという国と争っておりゾダンガが勝つと火星世界が滅ぶという。
戦争には嫌気が差していたカーターは、戦いには協力せず、地球に戻れることだけを希望していた。しかし、状況はそんなことを許さなかった・・・



原作はE・R・バローズの「火星のプリンセス」。アメリカでの出版は1917年、日本では1965年頃翻訳と古典的名作。とは言うももの、読んではないんだよなぁ。この表紙は記憶ありますけどね

http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E2%80%95%E5%90%88%E6%9C%AC%E7%89%88%E3%83%BB%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%88%E7%AC%AC1%E9%9B%86%E3%80%89-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4488601391

ヒーロー物でエンターテイメント性があるような作りになっていて。盛り上げるためのそこそこのピンチというのがあったり。
割りとすっきり楽しめるようになっているんじゃないですかね。
原作を知っているとまた違うんでしょうけど(^^;

原作も長いということもあってか、映画自体も先がありそうな感じ。
敵として出てくるサーンが地球にもいるのはなぜか? 「管理する」云々というセリフが出てくるけど、それだけだと目的っていうのがはっきりしないわけだし。

あとは第9光線の謎とか?

映画で見ると、本作はSF(スペースオペラ)の初期作品という言われた方をするけど、どっちかというと異世界ヒロイックファンタジーというジャンルのほうがピッタリ来るね〜。



ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2012-08-22
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 ジョン・カーター Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる