Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 マネーボール

<<   作成日時 : 2012/07/06 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラピ主演のマネーボール。
オークランドアスレチックスのGMであるビリーは、次年度のチーム編成に頭を悩ましていた。主力打者のデイモンとジオンビー、投手のイズリングハウゼンがFAで抜け、その穴を埋められるかどうかは、わからなかったからだ。

ある時、インディアンズのGMのオフィスに行ったとき、意見を求められていた若者ピーターがいた。彼の話を聞き、ビリーは、彼をアスレチックスに連れてくる。そこから、アスレチックスの変革が始まる。

シーズン当初は成績が出なかったが、7月を過ぎてから段々と上向きに。9月にはアリーグ記録の20連勝を達成する。


決して、派手な映画ではないけれど、ビリーの苦悩(短気な部分も含めて)や、どうして選手の
選び方を変えようとしたのか、その元となったビリーの若き頃の姿(彼もメジャーリーガーだったが、結果は残せなかった)も絡めて、描いている。

貧乏球団、主力がいなくなるなんていうのは、まさに横浜の球団みたいじゃないですか。身につまされますわ。「うちは他チームのファームか」「他チームに臓器移植している」

全くその通り。

それはともかく(^_^;)
選手もGMも割とドライな世界というか、割り切っている部分と言うのがありますね。それが、やはり仕事だから。義理と人情の世界はあまりない。

原作は読んでいるんだけど、原作の方はストーリーではないので、野球の考え方(サイバーメトリクス)のことや、アスレチックスの選手の取り方(シーズン途中での活発なトレードとか)で、安く選手を手に入れるというイメージが強いな。

あとは、「野球は人に夢を見させてくれる」というのがちょっと印象的。ビリーはレッドソックスからGMのオファーをされるもののそれを断る。それって、限られたお金の中で金持ち球団に勝つというのが、夢なんだろうなぁと思う。
弱そうな球団が勝っちゃうのって、やっぱり夢と言うか、それがビリーにとっての夢を見させてくれることかなぁ。


マネーボール プレミアムエディション (初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-03-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マネーボール プレミアムエディション (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






マネー・ボール (RHブックス・プラス)
武田ランダムハウスジャパン
マイケル・ルイス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マネー・ボール (RHブックス・プラス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 マネーボール Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる