Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS キラー・インサイド・ミー

<<   作成日時 : 2012/03/17 10:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「キラー・インサイド・ミー」。アメリカの田舎町で保安官助手をしているルー・フォード。
あまり事件がない街では、保安官も高圧ではなく穏健な感じだった・・・

しかし、それは表向きのこと。
ルーの中には暴力的な別の人格が潜んでいた。

ある日、街の外れで娼婦をしている女性がいるから追い出してくれという連絡を受け、その家に向かうルー。最初は穏便に出て行ってもらおうとするが、娼婦ジョイスは言うことを聞かない。
ルーはジョイスに暴力をふるい、出て行かそうとした。

しかし、ジョイスはそんな「暴力」を求めていたのだ。

ジョイスとルーは度々会うようになる。しかし、ジョイスはルーの友人・エルマーと懇意だった。ジョイスはエルマーを騙して金を取ろうとルーに言う。同意するルー。
しかし、ルーはある計画を立てることにする・・・

一方、ルーはエイミーという恋人がいた。結婚しようと言い寄られるが・・・


S的な性格がルーの表面に出てきて、ジョイスやエイミーがM的。なので、暴力というかぶたれることで愛を感じるのね。
ジョイスはルーに殺されるんだけど、抵抗しない。ルーも泣きながら暴力を振るう。

で、殺さなければならないのか・・という部分というのはイマイチはっきりしないんだけど(保安官だから、保身のためというあたりか)
で、エイミーも殺してしまう。

殺してしまうんだろうという感覚は予想はつくんだけど、都合が悪くなったから殺すという部分と、暴力を振るわざるをえないというか、ふるってしまう自分というか。
心の闇を抱えているという。

それをどうしようもなくなったからこその、あのラストという気もするな。
ジョイスが殺されても、愛していたというのもここでわかる。

男女の愛はわからんのぉという話でもあるわけだ。
ジョイス役がジェシカ・アルバ。セクシー系なので、セクシー系を否定しているのね。どうりて物足りないわけだ(ぉぃ)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キラー・インサイド・ミー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キラー・インサイド・ミー Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる