Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 追憶(映画)

<<   作成日時 : 2011/12/25 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「追憶」

戦争前、大学の頃に出会ったケイティーとハベル。いわゆる左翼寄りな政治活動をしてケイティーと、政治的に関心がなかったハベル。それでも、同じ文学という専攻で惹かれあっていた二人。
戦争中に再び出会い、一緒に生活を始める。

政治的に真面目すぎるケイティーと、政治を笑いものにするグループにいるハベル。
意見の違いというか生き方の違いから二人の衝突は続く。

ハベルたちはハリウッドへ行き、自分の作品を脚本にして売りだそうとする。
そんな中、赤狩り(マッカーシズム)の嵐が起こるが、二人の間には子供が出来る。

マッカーシズムから逃れるため、二人は別れを決意する・・・。


何と言っても、映画の中身よりもバーブラ・ストライサンド(ケイティー役)が歌うテーマ曲が有名。映画の冒頭にかかるわけだが、このオリジナルって聞いたこと無いかも?

突っ走っていく女性って、友達でいるにはいいけど、恋人にしようとかというのは思えないなぁとか思っちゃった。そういう事では俺はハベル的なのかもしれないけど。
若い頃は色々憤慨していたときもあったけどね(笑)

ところで、第二次世界大戦の前の1930年代半ばから40年代を過ぎて1950年くらいまでを描いているのだけど、ハベルが軍人だったということを除いては、戦争していた時代の匂いが全然しないのね。
二人が学生の頃の、スペインに平和を・・・何ていうのはベトナムの時の雰囲気にも感じたし(それが戦争の匂いだといえばそうなのかもしれないけど)。

でも、戦争に行って失うことを恐れている感じは無いというのかな。

同じ時代を日本を舞台で描こうとすれば、戦争というか明日にも命はない切迫感というのは絶対に避けられないわけで。
妙なところでアメリカの余裕を感じしまったのだよね。

ストーリーよりもそっちの方に関心が行ってしまった(^^;



追憶 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 追憶 コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
追憶(映画) Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる