Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS ばかのハコ船

<<   作成日時 : 2011/11/23 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山下敦弘監督の「ばかのハコ船」

酒井大輔とその恋人・島田久子は健康飲料「あかじる」を作ったものの、全然売れず。大輔は地元で両親や友人に協力を頼むが、けんもほろろに断られてしまう。
父親からは、自分の会社に勤めるように言われるが、それに反発する大輔。

手詰まりの中、高校生の頃、付き合っていたマドカが風俗嬢をしていると聞き、お店へ行く大輔。そのまま泊まってしまう大輔。そこには、マドカの妹・千夏もいて。
マドカが仕事でいない間に千夏の話を聞いているうちに、間違いを起こす大輔。

2,3日行方不明だった大輔を探す久子。たまたま、マドカに会い、マドカのところにいることがわかる・・・マドカのところに行く久子たち。そして大輔が「間違い」をおかしたあとを発見する・・・

そんな中、あかじるの店頭試飲会が友人の手回しによって設定される。
しかし、全然売れないあかじる。一日が終わり、最後に来たお客さんに全部あげてしまう・・・・。
東京に戻ることを決意する二人。

しかし、まだオチ(まさに落ち)があるのだった・・・


現実を見ようとせず夢見る大輔。それについていく久子。
大輔もダメ男扱いなんだけど、それなりに何とかしているし、まだマシか?

顔で決めちゃいけないんだけど、大輔を演じている山本浩司が三枚目というか情けない感じので、「まぁ、これは成功しない顔だよな」的な(^^;
自分の考えがうまくいかないと逆切れしてみたり。

しかし、会話が成立していないところが多いというのが、この映画の面白さなんだよね。いやはや。
要は人の話を聞いていない、理解できないというところで。

後半は面白くなってくるのだけど、映画的じゃないカメラワークとかがちょっと好きじゃなくてね〜(^^;

ところで、この前の「軽蔑」もそうだけど、男が困ると自分の出身地へ帰って、親とか友人になんとかしてもらおうというのが見えるのね。
そこがそもそも、ダメなのかもしれないけど(^^;

その辺のところ、どうなんでしょ?



ばかのハコ船 [DVD]
エースデュースエンタテインメント
2004-03-26
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ばかのハコ船 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ばかのハコ船 Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる