Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS これでいいのだ  映画・赤塚不二夫

<<   作成日時 : 2011/08/27 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「これでいいのだ」映画・赤塚不二夫

原作は赤塚に長年つきあってきた編集者の本「赤塚不二夫のことを書いたのだ」
とはいうものの、編集者は新入社員の女性(堀北真希)にして、映画の始まりには「フィクション」としてあるので、赤塚の人生をちゃんと追ったということではなくて、昭和40年前後の赤塚の活躍を描きつつ、マンガと現実をまぜこぜにして、ギャグを連発させると言う感じ。

ストーリーとしては、新人でいきなり赤塚(浅野忠信)の担当になった武田(堀北)。赤塚に翻弄されるも、さけぐせが悪いことも赤塚が気に入り、また、武田も赤塚の作品にほれ込んでいく。

まじめにバカをやっている赤塚だが、赤塚の自宅にあいさつに行った武田は、赤塚のもう一つの面を見る。それは、さびしがりやだったということだった(もっというと、マザコンだった)。
一回、武田は赤塚の担当を離れるものの、赤塚の母の死後、ぱっとしない赤塚を信じ、ふたたび担当になり、マンガを作っていく・・・


こう書くとちゃんとストーリーがありそうに見えるが、マンガを実写化したようなノリなので、そっちの方が目立つかな、やっぱり。
しかし、赤塚を浅野が演じたのだけど、違和感がなかったなぁというか、あんなバカ役(笑)もできるんだぁ。


これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 スタンダード版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2011-11-11
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫 スタンダード版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これでいいのだ  映画・赤塚不二夫  Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる