Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS 交響詩篇 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

<<   作成日時 : 2009/09/09 07:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「交響詩篇 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」

相変わらずテレビ放送時に何も見ていないで、映画だけは見に行くという無謀なことをしています(笑)

謎の敵・イマージュが襲う地球。そんな中少年レントンと少女エウレカが暮らしていたワレサワ。ある日、エウレカが何者かにレントンの目の前でさらわれた。レントンは取り戻すべき力は持っていなかった・・・

レントンは成長して軍に入る。機密事項を奪取する作戦に参加するレントン。敵に乗り込むと、連れ去られたエウレカがいた。エウレカを連れて行くレントン。彼女こそが機密事項であった・・・。

レントンが参加していた独立部隊はドーハの悲劇といわれる実験で被害を受けた少年たちで構成されていた。被害をうけたことで、他人に比べて3倍の早さで成長している。それを止めるため、エウレカが必要だった。
エウレカはイマージュが送り込んできた人型ロボットのうちの一体。それが人にとってもイマージュにとっても戦いを終わらせるためのキーだった。


映画の時間で消化されにくいというか消化できない設定があって、やっぱりテレビ編を編集したから?と勝手に思っていたら・・・あら、アナザー・ストーリー(パラレルワールド)なのね。
それにしちゃ詰め込みの感じがしないでもないけど。

・KLFというメカ。妖精だと思ったら幼生。
・神話再生計画
・ネバーランド

テレビ版のファンからは賛否両論というのもわかる気がする。

そういうわかりにくさはあるものの、結局はホランドとタルホの関係も含めて、レントンとエウレカのラブストーリーなんだよね。幼い頃に出会った二人が引き離されて、ある意味極限状態での再会と恋(愛?)が展開していく。

少年と少女の恋が純粋で、しかも極限状態にあるだけになおさら。「僕の望む未来は君と一緒にいることだ」なんて言ってみたいよねというか、自分の年齢まで来るとただそれだけじゃ済まないってわかってきちゃっているんで(苦笑)

二人で敵に突っ込むあたりや、ちょっとわかりにくい設定はマトリックスを彷彿とさせるなぁ。

キーワードは夢か。

Good night,Sleep tight,Young lovers

エンディングロールが印象的



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
交響詩篇 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる