Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS GOEMON

<<   作成日時 : 2009/07/20 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江口洋介主演の「GOEMON」

時代は秀吉が治めていた頃。一人の大泥棒がいた。その名は五右衛門。大商人の家に泥棒に入ったが、盗んだものの中に小さな青い箱。箱を開けても何も入っていなかったので屋根から捨てた。
しかし、弟分のサスケの情報によれば、箱の中には天下をひっくり返すようなものが入っているらしい。そこで、五右衛門はそれを探しに街に出る。それが五右衛門の運命を大きく動かすことになろうとは。

監督が紀里谷ということで、色使いが独特だし、CGバリバリ使っています。もしかして、全てがモーションキャプチャしてあって役者が演技していないとか思ってみたり(^^;
その紀里谷ワールドな映像と反対にストーリーは割りと王道。

・五右衛門は実は(元)忍だった。
・信長存命時に助けられて、服部半蔵に忍の技を教わる。その時に一緒に教わったのが、今は石田光成に仕えている雲隠才三。
・信長が死んだ本能寺の変は明智光秀と秀吉がしくんだものだった。それを知った五右衛門は秀吉暗殺に走る。
・信長の娘・茶々が嫁入りするまで、五右衛門が枕番をしていた。姫と家臣の関係ではあるが、年齢が近いこともあり淡い恋心を共に抱いていた感じ。

話がわかりやすいだけに、「ここはこうすると話がどうなったかな?」なんて考えるのも面白いかもしれない。

そうそう、この映画でも「貧乏人が食うには兵になるしかないんだ」的な話が出てきているし、戦いで苦しむのは平民だ・・・みたいな。ウォーロードを見たばっかりだから、そういうのがかぶっていますね。
どちらも明確に言っているわけではないが、強くなれば自分や周りの者を守れる。しかし、強さにこだわるとより強いものに倒されるという・・・。
秀吉の台詞「いつもいつも腹が減ってたまらんのだよ。満足というものを知らんのだよ」

んーー「饅頭!饅頭!」チガウッテ

役者では・・・
・信長は誰なんだろうと最後までわからず。エンディングで中村橋之助と出る。もっと年いった人が演じていたと思っていた(^^;
・五右衛門が忍の修行時代というか少年から青年時代を演じていたのは田辺李正。自分ははじめてみたけど、boys loveな方は好きなかんじじゃないでしょうか?
・茶々は広末だったんだけど、少女時代は福田麻由子。んーー、どう成長したら広末のようになるんだ?(笑) 福田のままだったら嫁にはいらん(ぉぃ
・石田三成を要潤。なんか秀吉にいじめられるけど、ちょいとキレた感じの三成を好演。割と器用な役者なのかもね〜。

五右衛門が持っていた信長から譲られた天下布武の剣。あれを鍛えなおして斬鉄剣になったんですね(うそです)


GOEMON [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-10-09
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GOEMON Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる