Show the ショウ

アクセスカウンタ

zoom RSS ウォーロード(投名状)

<<   作成日時 : 2009/07/16 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ウォーロード」(投名状)は清朝末期の太平天国の乱を鎮圧するために軍に身を投じた3人のお話。ま、一人は元々軍にいたわけですが。

友軍の裏切りにあい、全滅した軍を率いていた龐青雲(パン)。なんとか助かった彼は盗賊の姜午陽 (ウーヤン)に見つけられ、頭のアルフ(趙二虎 )のところへ連れて行かれる。
なんだかんだ言って、パンは盗賊の仲間になるが、軍に入るよう説得し、認められる。

軍は結果を出し転戦。蘇州や南京を解放した・・・。しかしこの戦闘の中でアルフとパンの考え方の違いが明確になってくる。
この考え方の違いが、義兄弟を誓った三人に不幸が訪れる・・・

パン役はジェット・リー(李連杰 )。どうもハリウッドだと英語が不得意なせいか、寡黙でアクションが多い感じだが、ネイティブ言語だといい感じがするなぁ。
アンディ・ラウは三国志の趙雲役で見ているが、今回はなかなか男っぽい役で。案外、見ている作品には出ていないのよね。

そのアルフの妻役・シュー・ジンレイ(徐靜蕾)。ついこの間、新宿インシデントで見たばかり。

彼女も含めてですが、最初は貧乏盗賊ということで服が地味(色がないというか黒)。顔もすすけている感じ。戦いが進んで、それなりになってくると段々服に色がついてくる。で、顔もきれいになってくる(^^)

単純なことだけど、状況をあらわすにはいい手段ですね。

この映画は清代ということで、テレビで見ている「鹿鼎記」も清代なので服装に馴染みがあるなぁ。

そうそう、パンの考え方って間違ってはいないと思うのだけど、時代を考えたら「官」につくのはどうなのかね?と。しかも悪女・西太后の時代だし?(^^;

動乱の時代にどういう考えでどう動くかっていうのはなかなか難しいものだね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウォーロード(投名状) Show the ショウ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる